大山千広選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

大山千広選手とは?

大山千広(おおやま ちひろ)選手は、千葉県出身で東京支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

清水沙樹選手は、競艇界きっての美人ボートレーサーと評判で、美人ボートレーサーランキングサイトでは頻繁に名前を見かけることの多い選手です。また開会式で披露したさまざまなコスプレ姿も話題となりました(2019年にコスプレを引退)。

そんな清水沙樹選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

大山千広選手

大山千広選手(競艇選手)のプロフィール

大山千広選手のプロフィールは、以下のようになっています。


所属支部 福岡
登録番号 4885
登録期 116期
生年月日 1996年2月5日
出身地 福岡県
身長 161cm
体重 46g
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 大塚康雅選手
田中宏樹選手

大山千広選手(競艇選手)の特徴

大山千広選手は進入コースは基本的に枠なりで、外寄りの艇番に入ったときは、少しでも内寄りのコースに動いていくという特徴を持つ一方で、6号艇に入ったときに1コースを狙うという強引な前づけは行っていません。

大山千広選手は男子競艇選手顔負けの全速ハイスピードターンが特徴とされ、特に3コースを得意としていて、3連対率は72.5%と高めの数値をマークしています。

平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としては比較的早いスタートタイミングとなっています。スタート事故も少ないことからも、スタート力が安定している選手と言えます。

現在優勝歴はありませんが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げるほどの実力を持っています。どのコースからの登場でも連に絡む上に1着を獲れる実力を持っています。

大山千広選手(競艇選手)の経歴

大山千広選手は、2015年5月12日に福岡競艇場で開催された「九州プロレス杯」(初日)の1Rでデビュー。

2016年5月1日に若松競艇場で開催された「オールレディースJALカップ」(2日目)の1Rで、4コースからのまくりで初勝利

2016年11月11日にびわこ競艇場で開催された「ヴィーナスシリーズ びわこプリンセスカーニバル」で初優出

2017年9月6日に福岡競艇場で開催された「オールレディース 福岡なでしこカップ」で、4コースからの差しで初優勝

2018年9月19日に浜名湖競艇場で開催された「第5回ヤングダービー」(初日)の1RでG1初出走し、イン逃げを決めてG1初勝利。さらに同節でG1初優出

2019年5月21日に福岡競艇場で開催された「第46回ボートレースオールスター」初日の12RでSG初出走し、同節2日目の5Rで1コースからの差しでSG初勝利