藤原啓史朗(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

藤原啓史朗選手とは?

藤原啓史朗(はた えいご)選手は、岡山県出身で岡山支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

2013年5月に児島でデビューして以来、2018年までの5年間はB1級B2級として活躍2019年後期では、勝率6.42でA1級のボーダーをクリア、見事にA1級へ初昇格した。

そんな藤原啓史朗選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

藤原啓史朗選手

藤原啓史朗選手(競艇選手)のプロフィール

藤原啓史朗選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 岡山
登録番号 4762
登録期 112期
生年月日 1990/03/07
出身地 岡山県
身長 170cm
体重 50kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 山田祐也選手
今泉友吾選手
山崎郡選手
主な優勝レース なし

藤原啓史朗選手(競艇選手)の特徴

藤原啓史朗選手は、1コースからの逃げが得意な選手である。
過去3回の優勝は全て1コースからの「逃げ」が決まり手となっていた。
平均スタートタイミングは0.14で、やや早めのスタートタイミングとなっている。
その一方で、スタート事故は少ない方であったが、2017年以降は年1~2回ほど起こしている。
藤原啓史朗選手はグレードのレースでの優勝経験は皆無であるが、一般競走を中心に活躍している。

藤原啓史朗選手(競艇選手)の経歴

2013年5月1日、児島競艇場で開催された一般戦「第29回鷲羽杯」でデビュー。

2018年後期では勝率5.66で初めてA2級へ昇格、翌2019年後期では、勝率6.42でA1級のボーダーをクリア、見事にA1級へ初昇格した。

2020年5月10日、児島競艇場で開催された一般戦「第2回児島商工会議所会頭賞」で初優勝を飾った。