坪井康晴(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

坪井康晴選手とは?

坪井康晴(つぼい やすはる)選手は、静岡県出身で静岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

同期の横澤剛治選手、菊地孝平選手とともに「静岡(遠州)三羽ガラス」と呼ばれています。

そんな坪井康晴選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

坪井康晴選手

坪井康晴選手(競艇選手)のプロフィール

坪井康晴選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 静岡
登録番号 3959
登録期 82期
生年月日 1977/10/07
出身地 静岡県
身長 165cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 横澤剛治選手
菊地孝平選手
赤岩善生選手
中澤和選手
主な優勝レース 第51回 ボートレースクラシック(SG・2016年)
第11回 競艇王チャレンジカップ(SG・2008年)
第16回 グランドチャンピオン決定戦競走(SG・2006年)

坪井康晴選手(競艇選手)の特徴

坪井康晴選手の進入は基本的に枠なり進入で、強引なインコース取りや前づけをほとんど行わないという特徴がある。豪快なイン逃げやまくり、まくり差し、そして巧みな差しなど自在なテクニックを駆使している。

平均スタートタイミングは0.16で、SGクラスのトップレーサーに比べるとさほど早くない。スタート順位もめったに上位に入ることはなく、スタートを切った後の1マークの捌き勝負という特徴がある。

坪井康晴選手は、1コースから4コースに入った際に1着が取れることから、インコース寄りを得意としていることが分かる。

坪井康晴選手(競艇選手)の経歴

1998年5月8日、地元浜名湖競艇場で開催された「一般競走」3Rでデビュー。

2003年において一般戦6優勝。
同年11月のびわこ競艇場・競艇王チャレンジカップでSG初出場を果たし、12月の住之江競艇場・賞金王シリーズ戦でも準優5着など、この年は年間110勝し「平成15年最多勝利選手」の表彰を受けた。

2005年、津競艇場・第50回東海地区選手権でG1初優勝

2006年6月、地元の浜名湖競艇場・第16回グランドチャンピオン決定戦競走でSG初優勝

2006年7月、徳山競艇場・周年記念競走で2度目のG1優勝。

2007年8月、大村競艇場・G2競艇祭で優勝し、びわこ競艇場・秩父宮妃記念杯競走と合わせて年に2回(2007年当時)しか開催されないG2の両方を優勝という珍しい記録を達成。