西村拓也選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

西村拓也選手とは?

西村拓也(にしむら たくや)選手は、大阪府出身で大阪支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率5.17(準優出4回、優出1回)の成績を残しています。

そんな西村拓也選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

西村拓也選手

西村拓也選手(競艇選手)のプロフィール

西村拓也選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 大阪
登録番号 4397
登録期 98期
生年月日 1986/12/01
出身地 大阪府
身長 164cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 平山智加選手
松田祐季選手
松本晶恵選手
主な優勝レース 徳山新鋭リーグ第1戦(G3・2012年)
新鋭リーグ戦競走第7戦 フェニックスカップ(G3・2012年)
第2回イースタンヤング(G3・2015年)
第30回アサヒビールカップ(G3・2019年)
第19回シモデンカップ(G3・2020年)

西村拓也選手(競艇選手)の特徴

西村拓也選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は65.4%、3着内率も90.2%と高めの数値をマークしている。このほかにも、2コースの3着内率が76%、3コースが77%と高めになっている。

西村拓也選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としても早いスタートタイミングとなっている。スタート事故は比較的少ない。

西村拓也選手はSGやG1競走での優勝歴がないが、一般競走においては優勝争いにはしばしば名を挙げている。どのコースからの登場でも連に絡む上に、1着を取れる実力を持っている。

西村拓也選手(競艇選手)の経歴

2006年5月22日に住之江競艇場で開催された「第1回森下仁丹杯争奪戦」初日の2Rでデビュー。

同年7月16日に宮島競艇場で開催された「第29回九スポ杯競走」4日目の3Rで、5コースからまくりを決めて初勝利を飾った。

2009年1月20日にびわこ競艇場で開催された「第23回新鋭王座決定戦」初日の4RでG1初出走し、同節5日目(24日)の2Rでイン逃げを決めてG1初勝利を飾った。

2009年6月26日に住之江競艇場で開催された「2009ダイスポジャンピーカップ」で、優勝戦では3コースからまくり差しを決めて初優勝を飾った。

2012年9月30日に徳山競艇場で開催された「共同通信社杯 第27回新鋭王座決定戦」でG1初優出し、優勝戦では2着に入った。

2012年12月19日に住之江競艇場で開催された「第27回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」初日の4RでSG初出走し、同節5日目(23日)の1Rでイン逃げを決めてSG初勝利を飾った。

2015年4月21日に大村競艇場で開催された「第3回海王決定戦」で、1コースからコンマ07のトップスタートを切り、イン逃げを決めて通算500勝を達成した。

2019年12月22日に住之江競艇場で開催された「第34回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦」で初優出した。