前本泰和選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

前本泰和選手とは?

前本泰和(まえもと やすかず)選手は、広島県出身で広島支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

そんな前本泰和選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

前本泰和選手

前本泰和選手(競艇選手)のプロフィール

前本泰和選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 広島
登録番号 3573
登録期 70期
生年月日 1972/04/09
出身地 広島県
身長 164cm
体重 49kg
階級 A1
師匠 西島義則
弟子 不明
主な同期 濱野谷憲吾選手
堤昇選手
木村光宏選手
安田政彦選手
前本泰和選手
大神康司選手
主な優勝レース 競艇キングカップ 開設55周年記念(G1・2007年)
中国地区選手権(G1・2010年)
宮島チャンピオンカップ開設59周年記念(G1・2013年)
第28回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦(SG・2013年)
全日本王者決定戦(開設64周年記念)(G1・2018年)
第61回中国地区選手権競走(G1・2018年)

前本泰和選手(競艇選手)の特徴

前本泰和選手は、コース取りから積極的なインファイターであり、特に1コース進入時の3連対率が高い。

平均STは0.19と、遅い方の部類に入り、さらに外のコースほど平均STが遅くなる傾向があります。

決まり手は、1コースからの逃げが最も多く、直近のデータでは逃げでの勝ちが半分以上を占めています。

また1コースからの逃げの他、2コースからの差し、2~4コースからのまくり、3~5コースからのまくり差しの順に多くなっています。

1コースでは全体的に数字が高く、まず3着以内には入ってくるとみられます。

前本泰和選手(競艇選手)の経歴

1992年5月、徳山競艇場でデビューし、同年6月の宮島競艇場で水神祭を飾る。

1997年3月、多摩川競艇場で開催された「第30回報知新聞社賞レース」で初優勝

2007年11月15日、児島G1「競艇キングカップ 開設55周年記念」でG1初優勝

2010年2月4日、下関G1「中国地区選手権」で優勝。

2013年6月16日、児島一般「第18回日本財団会長杯」1レースで1500勝を達成。

2013年11月14日、宮島G1「宮島チャンピオンカップ 開設59周年記念」で優勝。

2013年12月23日、住之江SG「第28回賞金王決定戦競走-シリーズ戦」でSG初優勝

2016年2月27日、徳山一般「マンスリーBOAT RACE杯争奪戦」で優勝、24場制覇を達成。

2018年1月29日、からつG1「全日本王者決定戦(開設64周年記念)」で優勝。

2018年2月21日、児島G1「第61回中国地区選手権競走」で優勝。

2018年8月27日、丸亀SG「第64回ボートレースメモリアル」3レースで2000勝を達成。

2020年4月7日、戸田G2「モーターボート大賞・戸田巧者No.1決定戦」でG2初優勝