吉田裕平選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

吉田裕平選手とは?

吉田裕平(よしだ ゆうへい)選手は、愛知県出身で愛知支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

吉田裕平選手は両親ともに65期の元選手という競艇一家に生まれ、特に父、吉田徳夫に憧れてボートレーサーを志しました。なお同期には、実兄の吉田凌太朗選手もいます。

そんな吉田裕平選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

吉田裕平選手

吉田裕平選手(競艇選手)のプロフィール

吉田裕平選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 愛知
登録番号 4914
登録期 117期
生年月日 1996/11/19
出身地 愛知県
身長 167cm
体重 51kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 吉田凌太朗選手
山川雄大選手
上田龍星選手
主な優勝レース ナシ

吉田裕平選手(競艇選手)の特徴

吉田裕平選手は、握って回る若手らしいレーススタイルが印象的だが、意外に差し巧者です。

平均スタートタイミングは0.15で、かなり早めのスタートタイミングです。

その一方で、2016年のから2020年の5年間にフライングは過去12回を数えるなど、スタートにはやや不安を残します。

吉田裕平選手(競艇選手)の経歴

吉田裕平選手は、1997年に59期生としてデビュー。

2014年10月、愛知県立常滑高等学校を中退し、第117期選手養成員としてやまと学校に入学。在校成績はリーグ勝率7.71(第1位)、優勝1回。なお卒業記念競走は事故パンのため出場していません。

2015年11月27日からボートレース常滑で開催された 一般戦「第7回BOATBoyカップ」初日第1Rでデビュー、同節の最終4日目のデビュー5走目で6コースからの差しをきめて初勝利

2018年6月15日からボートレース蒲郡で開催された 一般戦「蒲郡市観光協会会長杯争奪 蒲郡あじさい特別競走」でデビュー初優出

2018年12月23日からボートレース蒲郡で開催された 一般戦「2018Xマス&ファイナルカップ」で1コースで逃げ切りデビュー初優勝を飾った。

2019年9月18日からボートレース三国で開催された「第6回ヤングダービー」でG1初出場しました。初日第6Rでは3号艇3コースからまくりでG1初勝利をあげると、そのままの勢いで予選トップ通過を果たしています。最終的な順位は準優勝戦3着。

2020年9月1日から、ボートレース常滑で開催された G2「モーターボート大賞〜昭和VS平成〜」でも予選トップ通過を果たし、優出もしましたが5着に終わりました。