今村暢孝選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

今村暢孝選手とは?

今村暢孝(いまむら のぶたか)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

今村暢孝選手は今現在少なくなってきた個性派「イン屋」の選手の一人です。外枠での進入は皆無で3・4コースの進入すらも極端に少ない事が特徴です。

そんな今村暢孝選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

今村暢孝選手

今村暢孝選手(競艇選手)のプロフィール

今村暢孝選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 3265
登録期 59期
生年月日 1965/01/19
出身地 福岡県
身長 163cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 森竜也選手
山田豊選手
垣内清美選手
主な優勝レース 海の王者決定戦 開設46周年記念競走(G1・1998年)
第45回九州地区選手権競走(G1・1999年)
徳山クラウン争奪戦 開設48周年記念競走(G1・2001年)
全日本王座決定戦 開設51周年記念競走(G1・2003年)
第62回 九州地区選手権(G1・2016年)

今村暢孝選手(競艇選手)の特徴

今村暢孝選手は、個性派「イン屋」の選手の一人で外枠での進入は皆無で3・4コースの進入すらも極端に少ないのが特徴です。1コースでの1着率は27.9%とあまり高い数値ではないが、2コースでは36.9%とかなり高い。今村暢孝選手も好んで2コースで進入している。

今村暢孝選手の平均スタートタイミングは0.15で、平均的なスタートタイミングと比べてかなり早い反面、フライングの回数も多い。スタート時は要注意です。

今村暢孝選手(競艇選手)の経歴

今村暢孝選手は、1997年に59期生としてデビュー。

1997年8月18日に若松競艇場で初優勝

1998年9月17日に唐津競艇場で開催された「海の王者決定戦 開設46周年記念競走」で、5コースからまくり差しを決めてG1初勝利

1999年2月15日に芦屋競艇場で開催された「第45回九州地区選手権競走」で、1コースからインコースを逃げ切りG1勝利

2001年6月14日に徳山競艇場で開催された「徳山クラウン争奪戦 開設48周年記念競走」で、2コースから差しを決めてG1勝利

2001年7月26日に住之江競艇場で開催された「第12回アサヒビールカップ」で、2コースから差しを決めてG3勝利

2003年5月22日に芦屋競艇場で開催された「全日本王座決定戦 開設51周年記念競走」で、1コースからインコースを逃げ切りG1勝利

2008年12月3日に大村競艇場で開催された「JAL杯競走」で、1コースからインコースを逃げ切りG3勝利

2016年2月14日に大村競艇場で開催された「第62回 九州地区選手権」で、2コースから差しを決めてG1勝利

2016年11月21日に常滑競艇場で開催された「INAX杯争奪第28回G3とこなめ大賞」で、1コースからインコースを逃げ切りG3勝利

2018年12月1日に若松競艇場で開催された「G3マスターズリーグ第8戦クレカ若松杯」で、1コースからインコースを逃げ切りG3勝利