寺本重宣選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

寺本重宣選手とは?

寺本 重宣(てらもと しげのぶ)選手は、長崎県出身で長崎支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

寺本重宣選手は、2000年にデビューしたのち、2001年に初勝利。2010年に初優勝し、2013年にG1初勝利を飾りました。

そんな寺本重宣選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

寺本重宣選手

寺本重宣選手(競艇選手)のプロフィール

寺本重宣選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 東京
登録番号 4086
登録期 87期
生年月日 1980年5月11日
出身地 神奈川県
身長 161cm
体重 50kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 福来剛選手
出畑孝典選手
福島勇樹選手
石橋道友選手
主な優勝レース なし

寺本重宣選手(競艇選手)の特徴

寺本重宣選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は58.1%と高い数値をマークしています。このほか、2コースの3連対率で68%、3コースの3連対率で63.1%をマークしています。

寺本重宣選手の平均スタートタイミングは0.15で、やや早めのスタートタイミングとなっています。スタート事故は少なく、安定したスタート力を持っていると言えます。

寺本重宣選手は、G2級以上のグレードのレースでの活躍がなく、一般競走において常に優勝候補として名を挙げています。どのコースからの登場でも連に絡み、3コースと6コース以外では1着を狙える実力を持っています。

寺本重宣選手(競艇選手)の経歴

寺本重宣選手は、2000年11月8日に平和島競艇場で開催された「むさし府中商工会議所創立30周年記念レース」(初日)の2Rでデビュー。

2001年5月1日に桐生競艇場で5コースからまくり差しを決めて初勝利。

2002年7月28日に唐津競艇場で初優出。

2006年6月13日に江戸川競艇場で開催された「開設51周年記念 江戸川大賞」(4日目)の1RでG1初出走

2010年3月16日に江戸川競艇場で開催された「第8回日本モーターボート選手会会長賞」で、2コースから抜きを決めて初優勝

2013年6月9日に津競艇場で開催された「第4回日本モーターボート選手会会長賞」(2日目)の9Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成。

2014年2月10日に平和島競艇場で開催された「第59回関東地区選手権」(3日目)の2Rで、イン逃げを決めてG1初勝利