村上純選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

村上純選手とは?

村上 純(むらかみ じゅん)選手は、岡山県出身で岡山支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

村上純選手は、1997年にデビューし、1998年に初勝利。2001年に初優勝し、2015年に通算1,000勝を達成しました。

そんな村上純選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

村上純選手

村上純選手(競艇選手)のプロフィール

村上純選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 岡山
登録番号 3919
登録期 81期
生年月日 1974年11月14日
出身地 岡山県
身長 169cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 池田浩二選手
佐々木康幸選手
安岐奈緒子選手
池田浩美選手
飯山泰選手
寺田祥選手
主な優勝レース なし

村上純選手(競艇選手)の特徴

村上純選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は61%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しも得意としています。

村上純選手の平均スタートタイミングは0.15で、やや早めのスタートタイミングとなっています。スタート事故は年に1~2回起こしています。

村上純選手は、近年成績が伸び悩んでいるが、1~4コースの登場の時は連に絡むうえに1着を獲れる実力を持っている。

村上純選手(競艇選手)の経歴

村上純選手は、1997年11月12日に児島競艇場で開催された「第7回倉敷市議会議長杯争奪戦競走」(初日)の1Rでデビュー。

1998年4月1日に唐津競艇場で開催された「フラワーカップ競走」(初日)の2Rで、6コースからまくりを決めて初勝利を飾り、7月8日に尼崎競艇場で初優出。

2001年1月24日に丸亀競艇場で開催された「ボートピア朝倉開設8周年記念競走」で、6コースから差しを決めて初優勝

2004年7月8日に常滑競艇場で開催された「中日スポーツ金杯争奪 マーメイドグランプリ」(初日)の3RでG1初出走し、同節5日目の2Rで5コースから差しを決めてG1初勝利

2013年3月15日に平和島競艇場で開催された「第48回総理大臣杯」(初日)の6RでSG初出走し、同節最終日の2Rで2コースから差しを決めてSG初勝利

2015年8月9日に若松競艇場で開催された「サッポロビールカップ」(3日目)の11Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝