上條嘉嗣選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

上條嘉嗣選手とは?

上條 嘉嗣(かみじょう よしつぐ)選手は、大阪府出身で大阪支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

上條嘉嗣選手は、2008年のデビュー後、2009年に初勝利、2017年に初優勝を飾り、2018年9月にG1初出走と初勝利を飾りました。

そんな上條嘉嗣選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

上條嘉嗣選手

上條嘉嗣選手(競艇選手)のプロフィール

上條嘉嗣選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 大阪
登録番号 4514
登録期 102期
生年月日 1989年12月12日
出身地 大阪府
身長 167cm
体重 54kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 前田将太選手
島田賢人選手
遠藤エミ選手
上野真之介選手
山田康二選手
主な優勝レース なし

上條嘉嗣選手(競艇選手)の特徴

上條嘉嗣選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は58.1%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しも得意としています。

上條嘉嗣選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングとなっています。スタート事故が多く、スタートを苦手としているように思えます。

上條嘉嗣選手は、これまでSGやG1競走で優勝した経験がありませんが、一般競走では常に優勝争いに絡み、どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っています。

上條嘉嗣選手(競艇選手)の経歴

上條嘉嗣選手は、2008年6月21日に児島競艇場で開催された「第3回マンスリーKYOTEI杯」(初日)の1Rでデビュー。

2009年2月23日に鳴門競艇場で開催された「第9回JLCカップ競走」(最終日)の1Rで、5コースから抜きを決めて初勝利。

2010年12月28日に丸亀競艇場で開催された「年末ファン感謝ゴールデンカップ」で初優出。

2017年10月10日に常滑競艇場で開催された「第11回日本モーターボート選手会会長賞争奪戦」で、2コースから抜きを決めて初優勝

2018年9月19日に浜名湖競艇場で開催された「第5回ヤングダービー」(初日)の11RでG1初出走し、同節5日目の3Rでイン逃げを決めてG1初勝利