上野真之介選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

上野真之介選手とは?

上野 真之介(うえの しんのすけ)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

上野真之介選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時に勝率5.94(準優出5回、優出2回)の成績を残しました。2008年5月のデビュー後、2010年に初優勝、2017年に通算500勝を達成しました。

そんな上野真之介選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

上野真之介選手

上野真之介選手(競艇選手)のプロフィール

上野真之介選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 佐賀
登録番号 4503
登録期 102期
生年月日 1988年2月25日
出身地 佐賀県
身長 167cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 峰隆太選手
弟子 不明
主な同期 前田将太選手
島田賢人選手
遠藤エミ選手
上條嘉嗣選手
山田康二選手
主な優勝レース なし

上野真之介選手(競艇選手)の特徴

上野真之介選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は67%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しも得意としています。

上野真之介選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としても早めのスタートタイミングとなっています。なお、スタート事故については2017年まで年1~2回ほど起こしていたが、2018年以降は起こしていない。

上野真之介選手は、これまでSGやG1競走で優勝した経験がありませんが、一般競走では常に優勝争いに絡み、どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っています。

上野真之介選手(競艇選手)の経歴

上野真之介選手は2008年5月7日に唐津競艇場で開催された「日本財団会長杯」(初日)の2Rでデビュー。

2008年8月6日に若松競艇場で開催された「アサヒビールカップ」(初日)の9Rで、6コースからまくりを決めて初勝利。

2010年2月28日に児島競艇場で開催された「新鋭リーグ第2戦 第22回瀬戸の若鷲決定戦」で初優出。

2010年7月2日に唐津競艇場で開催された「第1回虹の松原カップ」でイン逃げを決めて初優勝

2012年1月24日に芦屋競艇場で開催された「共同通信社杯 第26回新鋭王座決定戦」(初日)の10RでG1初出走し、同節2日目の2Rで5コースから抜きを決めてG1初勝利

2013年2月13日に住之江競艇場で開催された「開設56周年記念 太閤賞競走」でG1初優出

2017年3月20日に戸田競艇場で開催された「日本財団会長賞」(最終日)の8Rで
イン逃げを決めて通算500勝を達成。

2018年12月19日に住之江競艇場で開催された「第33回グランプリ/グランプリS」(初日)の7RでSG初出走

2019年5月22日に福岡競艇場で開催された「第46回ボートレースオールスター」(2日目)の8Rで、3コースからまくりを決めてSG初勝利