角谷健吾選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

角谷健吾選手とは?

角谷 健吾(すみたに けんご)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

角谷健吾選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率1位となる8.64の成績を残し、「数年に1人のスーパールーキー」として注目されました。デビュー後は、2014年に初優勝、2019年の「日刊ゲンダイ杯」では3コースから豪快なまくりを決めて勝利し、賞金2万円とまくり賞の表彰状が授与されました。

そんな角谷健吾選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

角谷健吾選手

角谷健吾選手(競艇選手)のプロフィール

角谷健吾選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 東京
登録番号 3613
登録期 71期
生年月日 1972年12月24日
出身地 東京都
身長 161cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 山崎智也選手
海野ゆかり選手
岩崎芳美選手
深川真二選手
主な優勝レース なし

角谷健吾選手(競艇選手)の特徴

角谷健吾選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は56.4%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しも得意としています。

角谷健吾選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっています。なお、スタート事故については2017年まで年1~2回ほど起こしていたが、2018年以降は起こしていない。

角谷健吾選手は、これまでSGやG1競走で優勝した経験がなく、2017年12月以降優勝から遠ざかっている。ただし一般競走では常に優勝争いに絡み、どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っている。

角谷健吾選手(競艇選手)の経歴

角谷健吾選手は1992年11月11日に蒲郡競艇場でデビューし、12月3日に同場で初勝利を飾った。

1994年4月に津競艇場で初優出。

1994年12月に大村競艇場初優勝

1996年2月に蒲郡競艇場で開催された「第39回東海地区選手権」でG1初出走

1996年8月27日に蒲郡競艇場で開催された「第42回モーターボート記念競走」でSG初出走

1998年10月20日に多摩川競艇場で開催された「開設44周年記念 ウェイキーカップ」でG1初優出

2002年8月4日に若松競艇場で開催された「オーシャンカップ競走」でSG初優出

2009年10月22日に若松競艇場で開催された「開設57周年記念 びわこ大賞」(初日)の1Rで、4コースからまくりを決めて通算1,000勝を達成。