丸野一樹選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

丸野一樹選手とは?

丸野一樹(まるの かずき)選手は、京都府出身で滋賀支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

丸野一樹選手は、2011年にびわこ競艇場でデビューし、2016年に初優勝を飾り、2019年にG1初優勝を飾りました。

そんな芦澤望選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

芦澤望選手

芦澤望選手(競艇選手)のプロフィール

芦澤望選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 滋賀
登録番号 4686
登録期 109期
生年月日 1991年8月5日
出身地 京都府
身長 165cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 吉川昭男選手
弟子 不明
主な同期 永井彪也選手
大上卓人選手
主な優勝レース 開設67周年記念 びわこ大賞(G1・2019年)

丸野一樹選手(競艇選手)の特徴

丸野一樹選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は64.6%。このほか、2コースや3コースも3連対率で高い数値をマークしています。

丸野一樹選手の平均スタートタイミングは0.15で、やや早めのスタートタイミングとなっています。スタート事故は少なめで、安定したスタート力と言えます。

丸野一樹選手は、SG競走への出走経験はありませんが、G1競走や一般競走などでは常に優勝争いに絡んでいます。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を獲れる実力を持っています。

丸野一樹選手(競艇選手)の経歴

丸野一樹選手は、2011年11月6日にびわこ競艇場で開催された「近江戦国絵巻シリーズ第四戦 ~激走!!姉川合戦~」(初日)の1Rでデビューし、6コースからまくりを決めて初勝利

2015年5月11日にびわこ競艇場で開催された「近江牛カップ」で初優出

2016年4月9日に津競艇場で開催された「開設64周年記念 つつじ賞王座決定戦」(5日目)の2RでG1初出走

2016年5月11日に三国競艇場で開催された「さつき第1戦」で、1コースからコンマ06のトップスタートを決めて初優勝

2016年9月8日に宮島競艇場で開催された「開設62周年記念 宮島チャンピオンカップ」(2日目)の7Rで、イン逃げを決めてG1初勝利

2016年9月25日に常滑競艇場で開催された「第3回ヤングダービー」でG1初優出

2019年8月6日にびわこ競艇場で開催された「開設62周年記念 びわこ大賞」で、3コースからまくりを決めてG1初優勝