水摩敦選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

水摩敦選手とは?

水摩敦(みずま あつし)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

水摩敦選手は、2006年に芦屋競艇場でデビューし、2008年に初優勝を飾ったのち、2017年に通算500勝を達成しました。

そんな水摩敦選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

水摩敦選手

水摩敦選手(競艇選手)のプロフィール

水摩敦選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 4413
登録期 99期
生年月日 1986年6月5日
出身地 福岡県
身長 161cm
体重 51kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 茅原悠紀選手
乙藤智史選手
下出卓矢選手
主な優勝レース なし

水摩敦選手(競艇選手)の特徴

水摩敦選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は63.3%。このほか、4コースからのまくりも得意としていて、2コースでの3着内率は70%をマークしています。

水摩敦選手の平均スタートタイミングは0.15で、比較的早いスタートタイミングとなっています。スタート事故は徐々に少なくなっています。

水摩敦選手は、まだSGやG1競走での活躍がありませんが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げています。どのコースからの登場でも連に絡み、5コース以外では1着を狙える実力を持っています。

水摩敦選手(競艇選手)の経歴

水摩敦選手は、2006年11月11日に芦屋競艇場で開催された「ヤングスター選抜戦」(初日)の2Rでデビュー。

2007年1月2日に大村競艇場で開催された「九州スポーツ杯争奪 新春特選レース」(3日目)の5Rで、6コースからまくり差しを決めて初勝利

2008年5月31日に若松競艇場で開催された「スポーツニッポン杯争奪GW特選競走」で初優出し、優勝戦で6コースからまくりを決めて初優勝

2011年1月25日に宮島競艇場で開催された「共同通信社杯 第25回新鋭王座決定戦」(初日)の6RでG1初出走し、同節3日目の4Rで2コースからまくりを決めてG1初勝利。同節でG1初優出

2017年10月21日に若松競艇場で開催された「ギラヴァンツ北九州杯ナイター開催6場支部ペア対抗戦」(2日目)の7Rで、1コースから抜きを決めて通算500勝を達成。