若林将選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

若林将選手とは?

若林将(わかばやし しょう)選手は、千葉県出身で東京支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

若林将選手は、2005年に平和島競艇場でデビューし、2010年に初優勝。2015年に通算500勝を達成し、2019年にG1初優勝を飾りました。

そんな若林将選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

若林将選手

若林将選手(競艇選手)のプロフィール

若林将選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 東京
登録番号 4335
登録期 96期
生年月日 1984年1月8日
出身地 千葉県
身長 170cm
体重 53kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 平本真之選手
新田雄史選手
魚谷香織選手
主な優勝レース 開設63周年記念 江戸川大賞(G1・2019年)

若林将選手(競艇選手)の特徴

若林将選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は58.4%。このほか、2コースからの差しや4コースからのまくりを得意としています。

若林将選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としても早めのスタートタイミングを記録しています。

若林将選手は、江戸川競艇場の水面を得意としていて、江戸川競艇場でのレースでの優勝回数が多く、近年でも優勝争いに絡んでいます。

若林将選手(競艇選手)の経歴

若林将選手は、2005年5月12日に平和島競艇場で開催された「倶楽部平和島杯」(初日)の2Rでデビュー。

2005年6月23日に津競艇場で6コースからまくり差しを決めて初勝利

2007年6月26日に住之江競艇場で開催された「SUZUKIスピードカップ」で初優出

2010年1月19日に浜名湖競艇場で開催された「共同通信社杯 第24回新鋭王座決定戦競走」(初日)の1RでG1初出走し、イン逃げによりG1初勝利

2010年8月13日に江戸川競艇場で開催された「第32回大江戸賞」で、4コースからまくりを決めて初優勝

2013年8月27日に丸亀競艇場で開催された「第24回アサヒビールカップ」(3日目)の7Rで、5コースからまくり差しを決めて通算500勝を達成。

2015年8月25日に江戸川競艇場で開催された「第24回アサヒビールカップ」(3日目)の7Rで、5コースからまくりを決めて通算500勝を達成。

2016年10月20日にびわこ競艇場で開催された「開設64周年記念 びわこ大賞」でG1初優出

2019年1月31日に江戸川競艇場で開催された「開設63周年記念 江戸川大賞」で、イン逃げを決めてG1初優勝