仲口博崇選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

仲口博崇選手とは?

仲口博崇(なかぐち ひろたか)選手は、愛知県出身で愛知支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

仲口博崇選手は、1991年に蒲郡競艇場で69期生としてデビューし、1993年に初優勝しました。1998年には18連勝を達成し、同年にG1初優勝、2014年にSG初優勝を飾りました。

そんな仲口博崇選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

仲口博崇選手

仲口博崇選手(競艇選手)のプロフィール

仲口博崇選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 愛知
登録番号 3554
登録期 69期
生年月日 1972年8月23日
出身地 愛知県
身長 164cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 大島一也選手
弟子 不明
主な同期 田中信一郎選手
野添貴裕選手
主な優勝レース 開設46周年記念 競艇キングカップ(G1・1998年)
ダイヤモンドカップ(G1・2001年)
中日スポーツ開設52周年 マーメイドグランプリ(G1・2005年)
第61年全日本選手権(SG・2014年)

仲口博崇選手(競艇選手)の特徴

仲口博崇選手は、内寄りのコースを得意としている選手で、貪欲にコースを取りに行くという特徴を持っていて、コース別の3連対率を見てみると、1コースは97.4%で、一方の6コースは16.7%をマークしていました。

仲口博崇選手の平均スタートタイミングは0.17で、やや遅めのスタートタイミング。スタート事故は少なく、慎重派であると言えます。

仲口博崇選手は、一般競走のみならず、SGやG1競走でも常に優勝争いに絡んでいます。仲口博崇選手が内寄りの艇番に入ったレースは注目です。

仲口博崇選手(競艇選手)の経歴

仲口博崇選手は、1991年11月16日に蒲郡競艇場でデビューし、翌月3月に初勝利。

1993年3月に津競艇場で初優勝

1996年8月27日に蒲郡競艇場で開催された「第42回モーターボート記念」でSG初出走

1998年4月に当時の現役2位の記録となる18連勝を達成。

1998年9月18日に児島競艇場で開催された「開設46周年記念 競艇キングカップ」で、イン逃げを決めてG1初優勝

2006年8月14日に常滑競艇場で通算1,000勝を達成。

2014年10月20日に常滑競艇場で開催された「第61回全日本選手権」で、イン逃げを決めてSG初優勝