池田浩二選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

池田浩二選手とは?

池田浩二(いけだ こうじ)選手は、愛知県出身で愛知支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

池田浩二選手は、1997年にデビューし、1999年に初優勝。2001年にG1初優勝し、2003年にはグランドチャンピオンにて自身初のSG制覇を果たしました。

そんな池田浩二選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

池田明美選手

池田浩二選手(競艇選手)のプロフィール

池田浩二選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 愛知
登録番号 3941
登録期 81期
生年月日 1978年4月3日
出身地 愛知県
身長 170cm
体重 55kg
階級 A1
師匠 上島久男選手
弟子 不明
主な同期 佐々木康幸選手
池田浩美選手
寺田祥選手
主な優勝レース ボートレースグランプリ(2011年・2013年)
ボートレースクラシック(2009年・2013年)
ボートレースオールスター(2011年)
グランドチャンピオン(2003年)
ボートレースメモリアル(2009年)
ボートレースダービー(2011年)
グランプリシリーズ(2005年)

池田浩二選手(競艇選手)の特徴

池田浩二選手は、モンキーターンの際に艇を持ち上げることで、水面との抵抗を減らしてターンを速くするというウイリーモンキーの発明者として知られています。これは池田浩二選手のモンキーターンにおいてハンドルを引っ張るくせに由来するもので、意図的な技術ではないのだそう。

池田浩二選手の進入コースは基本的に枠なり進入で、強引なインコース取りや前づけはあまりしていません。

池田浩二選手は、生粋の自在派で、どのコースからの登場でも1着を獲れる技術を持っています。

池田浩二選手(競艇選手)の経歴

池田浩二選手は、1997年11月19日に常滑競艇場で開催された「名古屋タイムズ杯争奪 第19回全国三地区対抗戦」(初日)の4Rでデビューし、同節2日目の1Rで6コースから差しを決めて初勝利

1998年4月29日に常滑競艇場で開催された「中日スポーツ杯争奪 半田大賞」で初優出

1999年1月26日に住之江競艇場で開催された「第13回新鋭王座決定戦競走」初日の3RでG1初出走

1999年5月5日に常滑競艇場で開催された「中日スポーツ杯争奪 第19回チャンピオン大会」で、6コースから抜きを決めて初優勝

2000年1月25日にびわこ競艇場で開催された「第14回新鋭王座決定戦競走」で、4コースからまくりを決めてG1初勝利。同節でG1初優出

2000年5月23日に蒲郡競艇場で開催された「第27回笹川賞競走」(初日)の3RでSG初出走

2002年7月9日に蒲郡競艇場で開催された「開設47周年記念 オールジャパン竹島特別」で、3コースからまくりを決めてG1初優勝

2002年8月7日に蒲郡競艇場で開催された「第48回モーターボート記念競走」(初日)の5Rで、イン逃げを決めてSG初勝利。同節でSG初優出

2003年6月29日に丸亀競艇場で開催された「第13回グランドチャンピオン決定戦」で、イン逃げを決めてSG初優勝

2014年2月1日に蒲郡競艇場で開催された「中日スポーツ賞 第34回龍神杯争奪戦」で、イン逃げを決めて通算50優勝を達成。

2018年6月11日に下関競艇場で開催された「開設64周年記念 競帝王決定戦」(3日目)の11Rで、イン逃げを決めて通算1500勝を達成。