向井美鈴選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

向井美鈴選手とは?

向井美鈴(むかい みすず)選手は、山口県出身で山口支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

向井美鈴選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率4.77(複勝率30.65%、優出2回)の成績を残し、1999年に児島競艇場でデビューしたのち、2004年に初優勝、2010年に通算500勝を達成しました。

そんな向井美鈴選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

向井美鈴選手

向井美鈴選手(競艇選手)のプロフィール

向井美鈴選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 山口
登録番号 4017
登録期 84期
生年月日 1980年1月2日
出身地 山口県
身長 152cm
体重 45kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 笠原亮選手
中島孝平選手
堀之内紀代子選手
片岡恵里選手
主な優勝レース なし

向井美鈴選手(競艇選手)の特徴

向井美鈴選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は51.4%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しも得意としていて、2コースからの差しや3コースからのまくりも得意としています。

向井美鈴選手の平均スタートタイミングは0.19と遅いですが、スタート事故については比較的少ないです。

向井美鈴選手は、重賞競走での活躍が少ないですが、一般競走では常に優勝争いに絡んでいます。どのコースからの登場となっても連に絡み、5コース以外では1着を獲れる実力を持っています。

向井美鈴選手(競艇選手)の経歴

向井美鈴選手は、1999年5月13日に児島競艇場で開催された一般競走(初日)の3Rでデビュー。

1999年9月6日にびわこ競艇場で5コースから差しを決めて初勝利

2002年2月26日に徳山競艇場で開催された「第15回JAL女子王座決定戦競走」(初日)の1RでG1初出走し、イン逃げを決めてG1初勝利

2002年5月15日に多摩川競艇場で開催された「’02女子リーグ戦競走第3戦」で初優出

2004年2月11日に下関競艇場で開催された「日本モーターボート選手会会長杯争奪戦競走」で、中谷朋子選手・佐々木裕美選手・海野ゆかり選手のフライングによる恵まれで初優勝

2010年3月7日に下関競艇場で開催された「第23回女子王座決定戦」でG1初優出

2010年5月4日に下関競艇場で開催された「九州スポーツ杯争奪 競艇の日大賞」(最終日)の9Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成。