中岡正彦選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

中岡正彦選手とは?

中岡正彦(なかおか まさひこ)選手は、愛媛県出身で香川支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

中岡正彦選手は、1996年にデビューした78期生で、1999年に初優勝、2020年にG1初優勝を飾りました。

そんな中岡正彦選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

中岡正彦選手

中岡正彦選手(競艇選手)のプロフィール

中岡正彦選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 香川
登録番号 3849
登録期 78期
生年月日 1977年10月18日
出身地 愛媛県
身長 166cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 村田修次選手
平尾崇典選手
主な優勝レース 第63回四国地区選手権競走(2020年)

中岡正彦選手(競艇選手)の特徴

中岡正彦選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は67.2%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しやまくりを得意としていて、3着内率も2コースでは74.4%、3コースでは67.7%をマークしています。

中岡正彦選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっています。スタート事故はやや多いです。

中岡正彦選手は重賞競走での優勝とは縁遠く、一般競走にて勝率を稼いでいる選手といえます。どのコースからの登場でも連に絡み、5コースや6コースなどの外寄りのコース以外であれば1着を狙える実力を持っています。

中岡正彦選手(競艇選手)の経歴

中岡正彦選手は、1996年5月にデビュー。

1999年4月15日に戸田競艇場で開催された「第16回内外タイムス杯競走」で、5コースからまくりを決めて初優勝

2001年6月6日に丸亀競艇場で開催された「G3新鋭リーグ戦競走第9戦」で、イン逃げを決めてG3初優勝

2002年3月16日に平和島競艇場で開催された「第37回総理大臣杯競走」(初日)の2RでSG初出走し、同日の8Rで2コースから差しを決めてSG初勝利。さらに、同節でSG初優出

2020年2月13日に丸亀競艇場で開催された「第63回四国地区選手権競走」で、3コースからまくり差しを決めてG1初優勝