大橋純一郎選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

大橋純一郎選手とは?

大橋純一郎(おおはし じゅんいちろう)選手は、静岡県出身で静岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

大橋純一郎選手は、2000年に浜名湖競艇場でデビューした86期生で、2002年に初優勝、2019年に通算1,000勝を達成しました。

そんな大橋純一郎選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

大橋純一郎選手

大橋純一郎選手(競艇選手)のプロフィール

大橋純一郎選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 静岡
登録番号 4073
登録期 86期
生年月日 1981年3月20日
出身地 静岡県
身長 167cm
体重 51kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 森永淳選手
原田篤志選手
中村亮太選手
山本修一選手
萩原秀人選手
柳沢一選手
中野次郎選手
吉田俊彦選手
主な優勝レース なし

大橋純一郎選手(競艇選手)の特徴

大橋純一郎選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は62.9%と高い数値をマークしています。このほか、2コースからの差しやまくりを得意としていて、3着内率は68.6%をマークしています。

大橋純一郎選手の平均スタートタイミングは0.17で、やや遅めのスタートタイミングとなっています。スタート事故はやや多いです。

大橋純一郎選手は、重賞での優勝歴はありませんが、一般競走において常に優勝争いに絡んでいます。どのコースからの登場でも連に絡み、1~4コースであれば1着を狙える実力を持っています。

大橋純一郎選手(競艇選手)の経歴

大橋純一郎選手は、2000年5月9日に浜名湖競艇場で開催された「スズキスピードカップ」(初日)の1Rでデビュー。

2000年6月10日に桐生競艇場で6コースからまくりを決めて初勝利

2002年4月29日に蒲郡競艇場で初優出

2010年1月26日に若松競艇場で開催された「第15回北九州市長杯争奪戦競走」で、6コースから抜きを決めて初優勝

2012年6月18日にびわこ競艇場で開催された「サンケイスポーツ杯争奪 第34回さざなみ賞」(最終日)の7Rで、1コースから抜きを決めて通算500勝

2015年2月10日に浜名湖競艇場で開催された「第60回東海地区選手権」(初日)の5RでG1初出走し、5コースから差しを決めてG1初勝利

2019年5月18日に平和島競艇場で開催された「第22回日本財団会長杯」(初日)の9Rで、3コースからまくりを決めて通算1,000勝を達成。