河野大選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

河野大選手とは?

河野大(かわの だい)選手は、徳島県出身で徳島支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

河野大選手は、2012年に鳴門競艇場でデビューした110期生で、2018年に初優勝、2019年にG1初優勝を飾りました。

そんな河野大選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

河野大選手

河野大選手(競艇選手)のプロフィール

河野大選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 徳島
登録番号 4704
登録期 110期
生年月日 1988年6月27日
出身地 徳島県
身長 162cm
体重 50kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 上條暢嵩選手
喜多須杏奈選手
白神優選手
主な優勝レース 第62回四国地区選手権競走(2019年)

河野大選手(競艇選手)の特徴

河野大選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は66.2%、3着内率は83.9%と高い数値をマークしています。このほか、3コースでの3着内率は64.3%をマークしています。

河野大選手の平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングとなっています。スタート事故はやや多いです。

河野大選手は、一般競走において頻繁に優勝争いに絡んでおり、外寄りのコースよりも内寄りのコースでの3着内率が高いことから、内寄りの艇番に入った時が舟券の買い時と考えられます。

河野大選手(競艇選手)の経歴

河野大選手は、2012年5月3日に鳴門競艇場で開催された「第22回日本モーターボート選手会会長杯競走」(初日)の1Rでデビュー。

2012年12月20日に鳴門競艇場で開催された「ありがとう2012カップ競走」(初日)の1Rで、6コースからまくりを決めて初勝利

2013年7月4日に芦屋競艇場で開催された「アシ夢テラスオープン3周年記念」で初優出

2015年2月10日に丸亀競艇場で開催された「第58回四国地区選手権競走」(初日)の4RでG1初出走し、同節2日目の2Rでイン逃げを決めてG1初勝利

2018年8月17日に鳴門競艇場で開催された「第51回渦王杯競走」で、4コースからまくりを決めて初優勝

2019年2月15日に鳴門競艇場で開催された「第62回四国地区選手権競走」でG1初優出し、優勝戦で4コースからまくり差しを決めてG1初優勝