松田裕季選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

松田裕季選手とは?

松田裕季(まつだ ゆうき)選手は、福井県出身で福井支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

松田裕季選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率6.63(準優出5回、優出3回、第5戦優勝)の成績を残し、卒業記念競走に優出(しかし妨害失格となった)。その後2006年に三国競艇場でデビューし、2015年に通算500勝を達成、同年にはプレミアムG1のタイトルを獲得しました。

そんな松田裕季選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

松田裕季選手

松田裕季選手(競艇選手)のプロフィール

松田裕季選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福井
登録番号 4391
登録期 98期
生年月日 1986年4月25日
出身地 福井県
身長 164cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 鶴本崇文選手
平山智加選手
藤田靖弘選手
主な優勝レース G1 ヤングダービー(2015年)

松田裕季選手(競艇選手)の特徴

松田裕季選手は、イン逃げを得意とする選手で、1号艇に入った際は高確率で1着を獲っています。このほか、3超すからまくりも得意としていて、3着内率は74%と比較的高い数値をマークしています。

松田裕季選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっています。スタート事故はやや多いです。

松田裕季選手は、重賞競走での優勝歴は少ないですが、一般競走においては常に優勝争いに名を挙げていて、どのコースからの登場でも連に絡み、1着を獲れる実力を持っています。

松田裕季選手(競艇選手)の経歴

松田裕季選手は、2006年5月18日に三国競艇場でデビューし、同節2日目の2Rで6コースからまくり差しを決めて初勝利

2007年10月21日に三国競艇場で初優出。優勝戦では3着に。

2008年9月24日に三国競艇場で、3コースから差しを決めて初優勝

2008年10月21日に三国競艇場で開催された「北陸艇王決戦」(5日目)の1RでG1初出走

2009年2月10日に三国競艇場で開催された「第52回近畿地区選手権」(初日)の2Rで4コースからまくり差しを決めてG1初優勝

2012年5月22日に浜名湖競艇場で開催された「第39回笹川賞競走」(初日)の8RでSG初出走を果たし、3コースから抜きを決めてSG初勝利

2014年1月26日に浜名湖競艇場で開催された「開設60周年記念 浜名湖賞」でG1初優出

2015年5月3日に三国競艇場で開催された「第23回湯の花賞」(2日目)の9Rで、2コースから抜きを決めて通算500勝を達成。

2015年9月27日に尼崎競艇場で開催された「第2回ヤングダービー」で、イン逃げを決めてプレミアムG1初優勝

2019年10月27日に児島競艇場で開催された「第66回ボートレースダービー」でSG初優出