深谷知博選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

深谷知博選手とは?

深谷知博(ふかや ともひろ)選手は、静岡県出身で静岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

深谷知博選手は。やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)在籍時にリーグ戦勝率第1位となる8.23(準優出7回、優出5回、第2戦・第5戦優勝)の成績を残し、卒業記念競走に優出。その後2008年に浜名湖競艇場でデビューし、2014年に初のG1タイトルを獲得し、2016年に通算500勝を達成しました。

そんな深谷知博選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

深谷知博選手

深谷知博選手(競艇選手)のプロフィール

深谷知博選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 静岡
登録番号 4524
登録期 103期
生年月日 1988年4月1日
出身地 静岡県
身長 164cm
体重 51kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 古澤光紀選手
黒井達矢選手
北川康介選手
清水沙樹選手
小野生奈選手
主な優勝レース G1 浜名湖賞(2014年)

深谷知博選手(競艇選手)の特徴

深谷知博選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は73.5%と高い数値をマークしています。また、2コースからの差しも得意としていて、2コースでの3着内率は75.2%をマークしています。

深谷知博選手の平均スタートタイミングは0.14で、SG級の選手としても早めのスタートタイミングとなっています。スタート事故は年に1~2回ほど起こしています。

深谷知博選手は、SG競走における優勝歴がありませんが、一般競走においては常に優勝候補の一人とされています。どのコースからの登場となっても舟券に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っています。

深谷知博選手(競艇選手)の経歴

深谷知博選手は、2008年11月15日に浜名湖競艇場で開催された「中京スポーツ杯 もみじ杯」(初日)の2Rでデビューし、6コースからまくりを決めて初勝利

2009年3月29日に浜名湖競艇場で開催された「年度末謝恩アタック」で初優出。優勝戦では2着に。

2011年11月15日に芦屋競艇場で開催された「オータムカップ」で、4コースからコンマ05のトップスタートを切り、5コースからまくりを決めて初優勝

2012年1月24日に芦屋競艇場で開催された「共同通信社杯 第26回新鋭王座決定戦」(初日)の4RでG1初出走し、同節5日目の1Rで4コースからまくり差しを決めてG1初勝利

2014年10月15日に常滑競艇場で開催された「第61回ボートレースダービー」(初日)の1RでSG初出走し、同日の7Rでイン逃げを決めてSG初勝利

2014年11月20日に浜名湖競艇場で開催された「開設61周年記念 浜名湖賞」でG1初優出し、コンマ07のスタートを切り、インコースを逃げ切ってG1初優勝を飾った。

2016年3月19日に浜名湖競艇場で開催された「匠vsヤング マンスリーBOAT RACE杯」(3日目)の10Rで、5コースから抜きを決めて通算500勝を達成。