平尾崇典選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

平尾崇典選手とは?

平尾崇典(はぐはら ひでと)選手は、岡山県出身で岡山支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

座ったままターンする「地蔵乗り」と呼ばれるターンを得意とし、「児島のサイレントイーグル」の異名を持つ選手です。

そんな平尾崇典選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

平尾崇典選手

平尾崇典選手(競艇選手)のプロフィール

平尾崇典選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 岡山
登録番号 3822
登録期 78期
生年月日 1972/10/19
出身地 岡山県
身長 170cm
体重 49kg
階級 A1
師匠 黒明良光選手
弟子 不明
主な同期 村田修次選手
秋山広一選手
佐々木和伸選手
主な優勝レース 第15回チャレンジカップ(SG・2012年)
第33回グランプリシリーズ(SG・2018年)
太閤賞競走開設62周年記念(G1・2018年)

平尾崇典選手(競艇選手)の特徴

平尾崇典選手は、小回りがしやすい「地蔵乗り」と呼ばれるターンを得意とする選手です。

平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングですが、しばしばスタート事故を起こしており、2019年にフライングが原因で1度B2級に降格しています。

2021年までにSG優勝2回、GⅠ優勝5回と非常に実力のある選手です。

「児島のサイレントイーグル」の異名を持ち、萩原選手は主にG1と一般競走で活躍している選手です。

平尾崇典選手(競艇選手)の経歴

1997年5月、徳山競艇場で開催された一般戦でデビュー

1997年12月18日、江戸川競艇場・「第11回東京都MB競走会会長賞」で初優出

1998年12月7日、若松競艇場・一般競走で初優勝。

2000年12月14日、尼崎競艇場・「G1ダイヤモンドカップ」でG1初優出

2005年9月19日、丸亀競艇場・京極賞で初のG1を獲得、同年12月の住之江競艇場で行われた「第20回賞金王シリーズ戦」でSG初優出

2008年4月8日、琵琶湖競艇場・びわこ大賞で2度目のG1優勝

2009年10月1日、通算1000勝達成

2009年10月15日、多摩川競艇場・「イーバンク銀行杯」で優勝。

2011年6月26日、児島競艇場・「第21回グランドチャンピオン決定戦」で2回目のSG優出

2012年11月25日、地元・児島競艇場の「第15回チャレンジカップ」においてSG初優勝

2018年12月24日、住之江競艇場の「第33回グランプリシリーズ」を制覇し2度目のSG制覇