三井所尊春選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

三井所尊春選手とは?

三井所尊春(みいしょ たかはる)選手は、佐賀県出身で佐賀支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

三井所尊春選手は父から「競艇選手は儲かる」と吹き込まれたことで競艇選手としての道に興味を抱き、3度目の受験で本栖研修所(現ボートレーサー養成所)に合格。2001年にデビューし、2015年に通算500勝、2017年に初のG1タイトル獲得を果たしました。

そんな三井所尊春選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

三井所尊春選手

三井所尊春選手(競艇選手)のプロフィール

三井所尊春選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 佐賀
登録番号 4101
登録期 88期
生年月日 1979年4月4日
出身地 佐賀県
身長 171cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 吉永則雄選手
谷津幸宏選手
細川裕子選手
主な優勝レース G1 ウェイキーカップ(2017年)

三井所尊春選手(競艇選手)の特徴

三井所尊春選手は、若いころから佐賀支部の特攻派として知られていましたが、なかなか結果が出ない状態が続いていました。その後、2012年から2014年の3年連続で一般競走5勝を皮切りに、徐々に頭角を現していきました。

三井所尊春選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっています。フライングは年に1~2回程度起こしています。

三井所尊春選手は、重賞競走における優勝歴が少ないですが、一般競争においては常に優勝争いに名を挙げています。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っています。

三井所尊春選手(競艇選手)の経歴

三井所尊春選手は、2001年5月22日に唐津競艇場で開催された「九州スポーツ杯争奪戦競走」(初日)の1Rでデビューし、同節5日目の1Rで6コースからまくりを決めて初勝利

2002年2月25日に芦屋競艇場で開催された「西スポ杯争奪 ヤング&シニア戦」で初優出

2004年10月3日に常滑競艇場で、4コースからまくりを決めて初優勝

2005年1月25日に宮島競艇場で開催された「第19回新鋭王座決定戦競走」(初日)の1RでG1初出走

2005年2月18日に唐津競艇場で開催された「九州地区選手権競走」で、1コースからコンマ05のトップスタートを決め、インコースを逃げ切りG1初勝利

2007年1月28日に大村競艇場で開催された「共同通信社杯 第21回新鋭王座決定戦」でG1初優出。優勝戦では3着に。

2009年5月26日に福岡競艇場で開催された「第36回笹川賞競走」(初日)の1RでSG初出走し、同節5日目の8Rでインコースを逃げ切りSG初勝利

2010年2月6日に福岡競艇場で開催された「伝説のヒーロー列伝杯」(3日目)の7Rで、5コースからまくり差しを決めて通算500勝

2013年11月24日に津競艇場で開催された「第16回チャレンジカップ」でSG初優出。優勝戦では4着に。

2015年12月1日に唐津競艇場で開催された「西日本スポーツ杯」で、1コースからコンマ21と最も遅いスタートタイミングながらも、インコースを逃げ切り通算1,000勝を達成。

2017年9月5日に多摩川競艇場で開催された「開設63周年記念 ウェイキーカップ」で、3コースからコンマ10のトップスタートを決め、2号艇の毒島誠選手と1号艇の石渡鉄兵選手をまくってG1初優勝