中村亮太選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

中村亮太選手とは?

中村亮太(なかむら りょうた)選手は、長崎県出身で長崎支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

中村亮太選手は2000年に大村競艇場でデビュー。2004年に「新春開運特選レース」で初優勝したのち、同年の「つつじ賞王座決定戦」でG1初勝利、2012年に「オーシャンカップ」でSG初勝利を飾りました。

そんな中村亮太選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

中村亮太選手

中村亮太選手(競艇選手)のプロフィール

中村亮太選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 長崎
登録番号 4070
登録期 86期
生年月日 1980年11月25日
出身地 長崎県
身長 159cm
体重 54kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 森永淳選手
柳沢一選手
中野次郎選手
後藤陽介選手
主な優勝レース G2 第16回モーターボート誕生祭~マクール賞~(2012年)

中村亮太選手(競艇選手)の特徴

中村亮太選手は、インコースを得意としている選手で、1コースでの1着率は57.4%をマークしています。また、2コースからの差しや3コースからのまくり差しも得意としていて、2コースの3連対率は69.4%、3コースの3連対率は67.6%をマークしています。

中村亮太選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっています。フライングは年に2回程度起こしています。

中村亮太選手は、現時点で重賞競走での優勝歴がありませんが、一般競争においてはコンスタンスに優勝争いに名を挙げています。どのコースからの登場でも連に絡み、1着を狙える実力を持っています。

中村亮太選手(競艇選手)の経歴

中村亮太選手は、2000年5月20日に大村競艇場で開催された「スポーツ報知杯争奪戦競走」(初日)の1Rでデビューし、同節2日目の1Rで6コースからまくり差しを決めて初勝利。その後、デビュー半年にしてB1級に昇級。

2002年5月19日に大村競艇場で初優出

2004年1月7日に福岡競艇場で開催された「新春開運特選レース」で、6コースからまくり差しを決めて初優勝

2004年4月13日に津競艇場で開催された「開設52周年記念 つつじ賞王座決定戦」(初日)の4RでG1初出走し、同節4日目の4Rでイン逃げを決めてG1初勝利

2006年5月23日に戸田競艇場で開催された「第33回笹川賞」(初日)の1RでSG初出走

2011年7月27日に三国競艇場で開催された「北陸艇王決戦」でG1初優出。優勝戦では2着。

2011年11月7日に下関競艇場で開催された「開設57周年記念 競帝王決定戦」(5日目)の3Rで、イン逃げを決めて通算500勝

2012年7月18日に尼崎競艇場で開催された「第17回オーシャンカップ」(2日目)の5Rで、1コースから抜きを決めてSG初勝利