宇野弥生選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

宇野弥生選手とは?

宇野弥生(うの やよい)選手は、埼玉県出身で愛知支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

宇野弥生選手は、中学卒業から間もなくしてボートレース養成所を受験し合格。弱冠16歳にしてデビューし、2012年には大村競艇場でのモーターボート大賞で4コースからまくりを決めて金星を挙げました。

そんな宇野弥生選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

宇野弥生選手

宇野弥生選手(競艇選手)のプロフィール

宇野弥生選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 愛知
登録番号 4183
登録期 90期
生年月日 1986年3月7日
出身地 埼玉県
身長 159cm
体重 48kg
階級 A2
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 赤坂俊輔選手
長野壮志郎選手
吉田拡郎選手
石野貴之選手
主な優勝レース G2 男女ガチンコモーターボート大賞(2012年)

宇野弥生選手(競艇選手)の特徴

宇野弥生選手は、インコースを得意とする選手で、1コースにおける1着率は58.1%をマークしています。この他にも2コースからの差しを得意としていて、2コースの3着内率は65%をマークしています。

宇野弥生選手の平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としても早めのスタートタイミングとなっています。スタート事故は年に1回ほどおこしています。

宇野弥生選手はG1以上の重賞競走で優勝した経験がないが、一般競走においてはコンスタンスに優勝候補として名を挙げており、どのコースからの登場でも連に絡み、5コースや6コース以外では1着を狙える実力を持っています。

宇野弥生選手(競艇選手)の経歴

宇野弥生選手は、2002年5月28日に常滑競艇場で開催された「第7回常滑市長杯争奪戦」(初日)の1Rでデビュー。

2003年4月12日に桐生競艇場で開催された「第30回上毛新聞社杯白龍姫賞・G3女子リーグ第3戦」(初日)の2Rで、5コースからまくり差しを決めて初勝利

2005年6月14日に戸田競艇場で開催された「女子リーグ第4戦 サッポロビールカップ」で初優出。優勝戦では5着に。

2007年2月27日に徳山競艇場で開催された「第20回JAL女子王座決定戦競走」(初日)の9RでG1初出走し、同節3日目の1Rで3コースからまくりを決めてG1初勝利

2011年2月15日に戸田競艇場で開催された「第6回JCN埼玉杯オール女子戦」で、1号艇の海野ゆかり選手のフライングによる恵まれで初優勝

2012年7月15日に大村競艇場で開催された「男女ガチンコモーターボート大賞」で、4コースからまくりを決めてG2初優勝

2013年3月15日に平和島競艇場で開催された「第48回総理大臣杯」(初日)の6RでSG初出走

2013年12月27日に平和島競艇場で開催された「第32回日本モーターボート選手会会長賞 平和島レディースカップ」(2日目)の5Rで、2コースから差しを決めて通算500勝を達成。

2014年5月27日に福岡競艇場で開催された「第41回ボートレースオールスター」(初日)の5Rで、4コースからまくりを決めてSG初勝利

2018年8月5日に桐生競艇場で開催された「第32回レディースチャンピオン」でG1初優出