須藤博倫選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

須藤博倫選手とは?

須藤博倫(すどう ひろみち)選手は、埼玉県出身で埼玉支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

須藤博倫選手は、本栖研修所(現ボートレーサー養成所)に4回目の受験で合格。研修後の1998年にデビューし、2020年3月時点でG1で3勝・G2で2勝を挙げています。

そんな須藤博倫選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

須藤博倫選手

須藤博倫選手(競艇選手)のプロフィール

須藤博倫選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 埼玉
登録番号 3983
登録期 83期
生年月日 1977年10月14日
出身地 埼玉県
身長 166cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 中村裕将選手
弟子 中田竜太選手
主な同期 秋山直之選手
重野哲之選手
齋藤仁選手
永井聖美選手
主な優勝レース G1 北陸艇王決戦(2012年)
G1 オールジャパン竹島特別(2014年)
G1 第60回関東地区選手権(2015年)

須藤博倫選手(競艇選手)の特徴

須藤博倫選手は、イン逃げを得意としている選手の一人で、1号艇に入ったときは高確率に連に絡み、勝利を果たしています。進入は基本的に枠なり進入ですが、外寄りの艇番に入った時には少しでも内寄りのコースを狙ってきます。

須藤博倫選手の平均スタートタイミングは0.17で、やや遅めのスタートタイミングとなっています。そのかわりスタート事故は少なく、スタートに慎重な選手と言えます。

須藤博倫選手は未だにSG競走での優勝歴はありませんが、G1競走においてはコンスタンスに優勝争いに絡んできます。

須藤博倫選手(競艇選手)の経歴

須藤博倫選手は、1998年11月14日に戸田競艇場でデビューし、デビュー戦にして抜きを決めて初勝利

2000年3月14日に桐生競艇場で初優出。優勝戦では2着に。

2000年8月31日に桐生競艇場で開催された「開設44周年記念 赤城雷神杯」でG1初出走

2000年12月17日に唐津競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦競走」で初優勝

2001年1月25日に浜名湖競艇場で開催された「第15回新鋭王座決定戦競走」(3日目)の2RでG1初勝利

2002年3月31日に戸田競艇場で開催された「第45回戸田グランプリ」でG1初優出。優勝戦では3着。

2002年10月30日に平和島競艇場で開催された「第49回全日本選手権競走」の3RでSG初出走

2003年12月20日に住之江競艇場で開催された「第18回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」(3日目)の7Rで、イン逃げによりSG初勝利

2006年3月31日に平和島競艇場で開催された「第20回関東競艇専門誌記者クラブ杯」(3日目)の9Rで差しを決めて通算500賞を達成。

2011年10月10日に平和島競艇場で開催された「第58回全日本選手権」でSG初優出

2012年6月5日に三国競艇場で開催された「北陸艇王決戦」でイン逃げによりG1初優勝

2012年7月8日に多摩川競艇場で開催された「第50回スポーツニッポン賞」でまくり差しを決めて通算1,000勝を達成。

2017年11月5日に三国競艇場で開催された「しもつき第1戦」でイン逃げにより通算50優勝を達成。