重野哲之選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

重野哲之選手とは?

重野哲之(しげの さとし)選手は、静岡県出身で静岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

重野哲之選手は、1998年にデビューした競艇選手。2020年3月までにSG競走を1勝・G1競走を2勝し、2019年7月17日には尼崎競艇場で通算1,500勝を達成しました。

そんな重野哲之選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

重野哲之選手

重野哲之選手(競艇選手)のプロフィール

重野哲之選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 静岡
登録番号 3995
登録期 83期
生年月日 1979年3月28日
出身地 静岡県
身長 171cm
体重 54kg
階級 A1
師匠 片山友多加元選手(2016年引退)
弟子 不明
主な同期 齊藤仁選手
永井聖美選手
茶谷信次選手
主な優勝レース SG 東日本大震災復興支援競走(2011年)

重野哲之選手(競艇選手)の特徴

重野智之選手は、ハンドル捌きを含めた操艇技術について定評がありますが、SG競走の常連とされるトップレーサーを相手取ると多少なりとも見劣りする印象を受けます。

重野哲之選手は、イン逃げを得意としている選手の一人で、1号艇に入ったときは高確率に連に絡み、勝利を果たしています。また、2コースでは3着内率66.8%、3コースでは3着内率67.0%と、1コースでの89.7%に並ぶ高い数値をマークしています。

また、重野智之選手はどのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外では1着を狙える実力を持っています。

重野哲之選手(競艇選手)の経歴

重野哲之選手は、1998年11月18日に蒲郡競艇場で開催された「第27回家康賞競走」(初日)の2Rでデビューし、1999年2月19日に尼崎競艇場で開催された「第47回センタープール杯争奪 ニッカングローリー賞競走」(2日目)の2Rで6コースから差して初勝利

2000年3月7日に福岡競艇場で開催された「日本財団会長杯争奪戦」で初優出。優勝戦では5着に。

2002年12月10日に大村競艇場で開催された「モーターボート大賞競走」(3日目)の8RでG1初出走し、2003年2月8日に浜名湖競艇場で開催された「第48回東海地区選手権競走」(3日目)の4Rで、坂東満選手・伊藤正利選手・本部真吾選手のフライングによる恵まれでG1初勝利

2003年7月28日に平和島競艇場で開催された「第16回キリンカップ」で、5コースから抜きを決めて初優勝を飾った。

2006年3月30日に住之江競艇場で開催された「開設49周年記念 太閤賞競走」でG1初優出

2006年10月24日に福岡競艇場で開催された「第53回全日本選手権」(初日)の8RでSG初出走し、同節2日目の11Rで6コースからまくり差しを決めてSG初勝利。なお、同節でSG初優出も果たした。

2007年6月11日に江戸川競艇場で開催された「開設52周年記念 江戸川大賞」(4日目)の7Rで、5コースから抜きを決めて通算500勝を達成。

2010年12月7日に浜名湖競艇場で開催された「第56回東海地区選手権」で、イン逃げを決めてG1初優勝

2011年8月10日に戸田競艇場で開催された「東日本復興支援競走」で、イン逃げを決めてSG初優勝

2013年5月13日に平和島競艇場で開催された「開設59周年記念 トーキョー・ベイ・カップ競走」(3日目)の9Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝を達成。

2017年7月18日に常滑競艇場で開催された「マンスリーBOATRACE杯」で、1コースから抜きを決めて通算50優勝を達成。

2018年4月12日に福岡競艇場で開催された「西日本スポーツ杯争奪戦」で、2コースから抜きを決めて優勝。これにより史上20人目の全24場制覇を39歳15日で達成。これにより、これまで徳増秀樹選手が持っていた最年少記録(40歳2か月30日)を更新する形となった。

2019年7月17日に尼崎競艇場で開催された「「B面の神戸」ええとこええとこBTS神戸新聞地杯」(2日目)の8Rで、2コースからまくりを決めて通算1,500勝を達成。