西山貴浩選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

西山貴浩選手とは?

西山貴浩(にしやま たかひろ)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

西山貴浩選手は、切れ味の鋭いトーク力や芸人顔負けのパフォーマンスで観客の笑いを誘う“艇界のエンターテイナー”としてその名が知られています。

そんな西山貴浩選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

西山貴浩選手

西山貴浩選手(競艇選手)のプロフィール

西山貴浩選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 4371
登録期 97期
生年月日 1987年5月15日
出身地 福岡県
身長 169cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 川上剛選手
弟子 仲谷颯仁選手(弟弟子)
主な同期 田中和也選手
土屋智則選手
柳生泰二選手
主な優勝レース なし

西山貴浩選手(競艇選手)の特徴

西山貴浩選手は、デビュー以来若松競艇場をイメージしながら訓練していたということから、若松競艇場のコースを得意としています。しかし、その一方で「スタート時に包まれる感覚になるのが嫌」ということから戸田競艇場を苦手としています。

また、1コースでの1着率が68.4%・3着内率が88.7%と高い数値をマークするほど、インコースを得意としています。このほか、2コースからの差しも得意としていて、3連対率で70.3%をマークしています。

現時点で西山貴浩選手はSGやG1競走での優勝歴がありませんが、一般競走やG1競走ではコンスタンスに優勝争いに絡んでいます。どのコースからの登場でも連に絡み、6コース以外であれば1着を狙える実力を持っています。

西山貴浩選手(競艇選手)の経歴

西山貴浩選手は、2005年11月18日に若松競艇場でデビューし、12月27日に大村競艇場で5コースから差しを決めて初勝利

2007年5月30日に若松競艇場で開催された「第25回日本財団会長杯争奪戦競走」で初優出。優勝戦では4着に。

2008年1月22日に丸亀競艇場で開催された「共同通信社杯 第22回新鋭王座決定戦競走」(初日)の2RでG1初出走し、同節5日目の1Rで3コースからまくりを決めてG1初勝利

2008年9月28日に若松競艇場で開催されたタイトル競走で、抜きを決めて初優勝を飾った。

2011年11月8日に下関競艇場で開催された「開設57周年記念 競帝王決定戦競走」で、trong>初優勝。

2011年11月22日に大村競艇場で開催された「第14回チャレンジカップ競走」(初日)の6RでSG初出走を果たし、同節3日目の3Rで1コースからコンマ01のトップスタートを決め、インコースを逃げ切ってSG初勝利

2014年4月27日に芦屋競艇場で開催された「スポーツ報知杯争奪ゴールデンウィーク特選」2日目の8Rで、1コースからコンマ16のトップスタートを決め、インコースを逃げ切り通算500勝を達成。

2015年12月23日に住之江競艇場で開催された「第30回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦」でSG初優出