稲田浩二選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

稲田浩二選手とは?

稲田浩二(いなだ こうじ)選手は、兵庫県出身で兵庫支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

稲田浩二選手は、69期の三嶌誠司選手以来25期ぶりとなるデビュー期で初優勝という快挙を成し遂げています。

そんな稲田浩二選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

稲田浩二選手

稲田浩二選手(競艇選手)のプロフィール

稲田浩二選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 兵庫
登録番号 4290
登録期 94期
生年月日 1984年12月8日
出身地 宮崎県
身長 169cm
体重 54kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 古賀繁輝選手
今井貴士選手
岡崎恭裕選手
小坂尚哉選手
主な優勝レース なし

稲田浩二選手(競艇選手)の特徴

稲田浩二選手はイン逃げを得意としていて、1号艇に入ったときは高確率で結果を出しています。データで確認しても、1コースでの勝率が最も高いです。このほかに2コースからの差しも得意としていて、スタートタイミングも0.12と非常に早いです。

平均スタートタイミングは0.13で、SG級の選手としても早いスタートタイミングとなっています。スタート事故も比較的少なめです。

現在重賞競走における優勝歴はありませんが、G1競走ではたびたび優勝戦に絡んでおり、一般競走においては常に優勝候補の一人とされています。また、どのコースからの登場でも1着を狙える実力を持っています。

稲田浩二選手(競艇選手)の経歴

稲田浩二選手は、2004年5月16日に尼崎競艇場で開催された「第4回報知ローズカップ争奪戦」(初日)の2Rで94期生としてデビューし、同節3日目の2Rで6コースから差しを決めて初勝利

2004年9月14日に宮島競艇場で開催された「長月競走」で初優出し、優勝戦では5コースからまくりを決めて初優勝

2007年1月23日に大村競艇場で開催された「共同通信社杯 第21回新鋭王座決定戦」(初日)の1RでG1初出走し、最終日の4Rで2コースから差しを決めてG1初勝利

2010年9月6日に下関競艇場で開催された「西スポ杯争奪戦」で、1コースからコンマ10のトップスタートを切って逃げ切り初優勝

2009年2月16日に三国競艇場で開催された「第52回近畿地区選手権」でG1初優出

2010年7月14日に丸亀競艇場で開催された「第15回オーシャンカップ競走」(初日)の3RでSG初出走

2013年5月26日にびわこ競艇場で開催された「ボートピア京都やわた開設6周年記念」(3日目)の11Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成。

2018年3月18日に浜名湖競艇場で開催された「第53回ボートレースクラシック」(2日目)の7Rで、イン逃げを決めてSG初優勝

2019年9月2日に津競艇場で開催された「津インクル開設8周年記念レース」(2日目)の5Rで、イン逃げを決めて通算1,000勝を達成。

2019年9月16日に戸田競艇場で開催された「戸田プリムローズ開設63周年記念」で、イン逃げを決めてG1初優勝