池永太選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

池永太選手とは?

池永太(いけなが ふとし)選手は、宮崎県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

池永太選手は、やまと競艇学校(現ボートレーサー養成所)時代にリーグ戦勝率6.60・準優出4回・優出4回という成績を残し、第6戦を優勝しました。

そんな池永太選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

池永太選手

池永太選手(競艇選手)のプロフィール

池永太選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 4364
登録期 97期
生年月日 1985年3月19日
出身地 宮崎県
身長 169cm
体重 54kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 柳生泰二選手
土屋智則選手
古川舞選手
主な優勝レース 三国開設62周年記念(2015年・G1)

池永太選手(競艇選手)の特徴

池永太選手はイン逃げを得意としていて、1号艇に入ったときは高確率で結果を出しています。データで確認しても、1コースでの勝率が最も高いです。このほかに4コースからのまくり差しも得意としていて、スタートタイミングも0.15と早いです。

進入は基本的に枠なりですが、外寄りの艇番に入った時は、少しでも内寄りのコースを狙って動くという特徴があります。スタート力を武器としている一方で、フライングをはじめとしたスタート事故も多々あります。

ハンドル捌きをはじめとした操艇技術に定評があるものの、SGの常連となっているトップレーサーを相手取ると多少見劣りする印象を受けます。ただし、一般戦においては優勝候補の一人で、特に多摩川競艇場においては、高確率で優勝戦に絡むという特徴があります。

池永太選手(競艇選手)の経歴

池永太選手は、2005年11月3日に福岡競艇場で開催された「ねんりんピックふくおか2005記念レース」(初日)の2Rで97期生としてデビューし、2006年3月2日に児島競艇場で6コースからまくり差しを決めて初勝利

2007年12月17日に三国競艇場で初優出

2008年10月1日に大村競艇場で開催された「海の王者決定戦」5日目の1RでG1初出走し、2010年1月21日に浜名湖競艇場で開催された「共同通信社杯 第24回新鋭王座決定戦」3日目の2Rでイン逃げを決めてG1初勝利

2010年9月6日に下関競艇場で開催された「西スポ杯争奪戦」で、1コースからコンマ10のトップスタートを切って逃げ切り初優勝

2012年1月29日に芦屋競艇場で開催された「共同通信社杯 第26回新鋭王座決定戦」でG1初優出

2013年8月27日に丸亀競艇場で開催された「第59回モーターボート記念競走」(初日)の3RでSG初出走し、同節4日目の2Rで1コースからコンマ01のトップスタートを切り、イン逃げを決めてSG初勝利

2014年6月4日に芦屋競艇場で開催された「日本モーターボート選手会会長杯」(3日目)の3Rで、3コースからまくり差しを決めて通算500勝を達成。

2015年9月15日に三国競艇場で開催された「開設62周年記念 北陸艇王決戦」で、イン逃げを決めてG1初優勝

2019年12月28日に若松競艇場で開催された「スポーツ報知杯年またぎ特選競走」(初日)の10Rで、1コースから抜きを決めて通算1,000勝を達成。