瓜生正義選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

瓜生正義選手とは?

瓜生正義(うりゅう まさよし)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

瓜生正義選手は、研修生時代にリーグ戦勝率で驚異的な成績と言える8.65を記録。リーグ戦では当時の最高記録となる6優勝(2011年に108期生の江崎一雄選手がリーグ戦7優勝)を達成し、第76期修了記念競走・王座決定戦では2着に入ったことから天才ボートレーサーと称されました。

そんな瓜生正義選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

瓜生正義選手

瓜生正義選手(競艇選手)のプロフィール

瓜生正義選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 3783
登録期 76期
生年月日 1976年3月5日
出身地 福岡県
身長 159cm
体重 51kg
階級 A1
師匠 古賀武日児元選手
弟子 不明
主な同期 原田幸哉選手
魚谷智之選手
横西奏恵元選手
主な優勝レース 新鋭王座決定戦(2002年・G1)
笹川賞(2007年、2009年・SG)
グランドチャンピオン決定戦(2011年・SG)
モーターボート記念(2011年・SG)
全日本選手権(2010年、2013年、2016年・SG)
賞金王決定戦(2016年・SG)
オーシャンカップ(2019年・SG)

瓜生正義選手(競艇選手)の特徴

瓜生正義選手は豪快なイン逃げをはじめ、まくりやまくり差し、巧みな差しなど自在なターンテクニックを駆使しており、高く安定した旋回技術の持ち主とされています。

瓜生正義選手は基本的に枠なり進入ですが、6号艇での登場時は強引な前づけこそ行わないものの、機会をうかがって1つでも内寄りのコースを狙うという特徴があります。

瓜生正義選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の選手としても平均的なスタートタイミングとなっていますが、1コースからのスタートタイミングは非常に早い0.13を記録しています。

瓜生正義選手は、スタート力・操艇技術・整備力をはじめとしたあらゆる点で高い実力を誇り、勝率は常に高い数値をマークしています。出場した大多数のレースで連に絡むことから、絶対に無視できない存在といえます。

瓜生正義選手(競艇選手)の経歴

瓜生正義選手は、1995年5月に若松競艇場で開催された一般競走で76期生としてデビューし、1996年12月に平和島競艇場で開催された一般競走で初優勝

1998年5月19日に桐生競艇場で開催された「第25回笹川賞競走」(初日)の10RでSG初出走

1998年7月7日に常滑競艇場で開催された「開設45周年記念 マーメイドグランプリ」で、2号艇の中川俊介選手のフライングによる恵まれでG1初優勝

1998年7月20日に三国競艇場で開催された「第3回オーシャンカップ」(最終日)の5Rで、4コースからまくり差しを決めてG1初出走

2003年の賞金王決定戦と2006年の総理大臣杯では2着、2006年末の賞金王決定戦では3着となかなか勝ち切れずにいましたが、2007年6月3日に住之江競艇場で開催された「第34回笹川賞」で、1コースから抜きを決めて念願のSG初優勝。しかし、その後11月に浜名湖競艇場で開催された「競艇王チャレンジカップ競走」でフライング、2008年末の賞金王決定戦ではトライアル初日の11Rで転覆失格となるなど不調に陥りました。

2009年1月31日に芦屋競艇場で開催された「第55回九州地区選手権」(3日目)の11Rで、1コースから抜きを決めて通算1,000勝を達成。

2010年4月25日にびわこ競艇場で開催された「秩父宮妃記念杯」優勝戦でフライングし、G1・G2競走6ヶ月除外の処置を受けました。復帰1節目にあたる蒲郡競艇場で開催された周年記念競走で優勝し、新賞金900万円の第1号に輝きました。

2010年10月11日に桐生競艇場では初のナイター開催となった「第57回全日本選手権」で優勝を飾りました。

2016年5月8日に桐生競艇場で開催された「第43回上毛新聞社杯」で、イン逃げを決めて通算50優勝を達成。

2016年10月は、地元である福岡競艇場で開催された「第63回ボートレースダービー」を優勝し、福岡SGV3・全日本選手権V3という快挙を成し遂げました。同年12月25日には12回目の出場かつ7回目の優出にして賞金王決定戦初優勝を飾りました。

2016年の大晦日が初日となった「日刊スポーツ杯争奪 第47回福岡県内選手権大会」において、2回走りをいずれも1着で締めくくり、2016年の獲得金額が2億1,373万4,000円となり、自身初の賞金王に君臨しました。

2017年5月16日に宮島競艇場で開催された「開設63周年記念 宮島チャンピオンカップ」で、通算17回目のG1優勝を飾り、この優勝により競艇界では史上7人目となる生涯獲得年金20億円超を達成しました。

2020年1月に尼崎競艇場で開催された「ファン感謝3days ボートレースバトルトーナメント」に出場し、13日の優勝戦では5コースからまくりを決めて2020年初優勝を飾りました。