小野生奈選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

小野生奈選手とは?

小野 生奈(おの せいな)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

小野生奈選手は、2019年4月に地元である福岡県古賀市の「水の特命大使」に就任しました。小野生奈選手は、「『水』のつながりでこのような大役を引き受けることになりました。古賀市で育ててもらった恩返しの機会をいただいたので、微力ではありますが貢献していきたいと思います。」とコメントしています。

そんな水の特命大使である小野生奈選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

小野生奈選手

小野生奈選手(競艇選手)のプロフィール

小野生奈選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 4530
登録期 103期
生年月日 1988年10月2日
出身地 福岡県
身長 155cm
体重 46kg
階級 A1
師匠 不明(※吉田弘文選手引退後)
弟子 不明
主な同期 清水沙樹選手
古澤光紀選手
深谷知博選手
主な優勝レース 女子王座決定戦(G1・2017年)

小野生奈選手の妹は小野真歩選手で、練習や意見交換を互いに行なって切磋琢磨しているそうです。

小野生奈選手(競艇選手)の特徴

小野生奈選手は、力強く思い切りの良いターンをする印象がありますが、実際には「差し」ハンドルに磨きをかけていて、捌くレースが向上してきています。そのため、どちらかというとモーター整備力に磨きがかかっています。

基本的なコース取りは枠なり進入ですが、機会があれば少しでも内寄りのコースに狙う動きを取っています。しかし強引な前付けな内寄りのコースを積極的に狙うような動きはほとんど見られません。

小野生奈選手自身は1コースからのレースを苦手としていて、3・4・5コースから登場するレースを得意としていることをコメントしています。しかしながら、G1初優勝となった「第31回レディースチャンピオン」をはじめ、優勝した大半のレースを1コースからのイン逃げで優勝しています。

競艇の常識にあるように内寄りから外寄りのコースになるにつれて成績が悪くなる傾向にあるものの、女子リーグ戦や一般競走においては5コースや6コースからの登場でも十分連に絡んでくる実力を持ち合わせています。

小野生奈選手(競艇選手)の経歴

小野生奈選手は、2008年11月に芦屋競艇場で開催された「ヤング・シニア・レディース三つ巴戦」でデビューを果たしました。

デビューからしばらくの間は勝ちきれない状態が続いてましたが、2010年5月6日に芦屋競艇場で開催された「スポーツ報知杯争奪 ゴールデンウィーク特選」で初勝利を飾りました。

2011年11月30日に住之江競艇場で開催された「男女W優勝戦 第6回森下仁丹杯」で初優出し、2013年12月26日に蒲郡競艇場で開催された「男女W優勝戦の女子の部」で3コースから松本晶恵選手をまくって初優勝を飾りました。

2014年前期にA1級に昇格となり、直後に福岡競艇場で開催された「第41回笹川賞」にファン投票で選ばれてSG初出走を果たしました。

2017年8月6日に芦屋競艇場で開催された「第31回レディースチャンピオン」でイン逃げを決めてG1初優勝を飾りました。この年は女子選手としては1996年以降初のSGV3、SG競走で2回の準優出をしていて、好調の波に乗ったままでの参戦となっていました。