太田和美選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

太田和美選手とは?

太田 和美(おおた かずみ)選手は、長崎県出身で大阪支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

太田和美選手は、2019年3月に現役引退されたイチロー元選手似の風貌に由来して、「水上のレーザービーム(Laser Beam)」と称されています。なお、デビュー節でいきなり優出したことなどから「怪物くん」とも称されていました。

そんな水上のレーザービームこと太田和美選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

太田和美選手

太田和美選手(競艇選手)のプロフィール

太田和美選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 大阪
登録番号 3557
登録期 69期
生年月日 1973年1月6日
出身地 長崎県
身長 166cm
体重 53kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 丸岡正典選手
主な同期 田中信一郎選手
野添貴裕選手
三嶌誠司選手
仲口博崇選手
山本浩次選手
福田雅一選手
主な優勝レース 賞金王決定戦(SG・1998年)
賞金王シリーズ戦(SG・2002年, 2004年)
全日本選手権競走(SG・2005年)
グランドチャンピオン決定戦(SG・2012年,2013年)
チャレンジカップ(SG・2014年)

太田和美選手は、本栖研修所(現・ボートレーサー養成所)の卒業記念レースを優勝し、本栖チャンプ(現・養成所チャンプ)として注目されました。

太田和美選手(競艇選手)の特徴

太田和美選手は、豪快なイン逃げや、まくり差し、巧みな差しなど自在なテクニックを駆使してきます。1998年12月に住之江競艇場で開催された「第13回賞金王決定戦」では3号艇で登場し、5コースカドから豪快に、自身初のSG優勝を飾っています。

また太田和美選手は、地元である住之江競艇場を得意としていて、同場で開催されている高松宮記念特別競走では、2001年・2005年・2006年・2009年の4回優勝するなど、無類の強さを見せています。しかしその一方で、同場の記念競走である太閤賞競走での優勝経験はありません。

一時的低迷していた時期がありながら、現在でもSG戦線で戦える実力を持っており、毎年賞金ランキングでも上位にランクインしています。まだまだG1以上の競走でも優勝争いに絡むので注目です。

太田和美選手(競艇選手)の経歴

太田和美選手は、1991年11月7日に地元である住之江競艇場でデビューを果たし、デビュー戦は2着に入りました。このデビュー節ではいきなり優出するなど、デビュー時から注目される存在にいました。

1996年9月26日に若松競艇場で開催された「開設44周年記念 全日本覇者決定戦」でG1初優勝を飾りました。

1998年12月23日、25歳11ヵ月にして住之江競艇場で開催された「第13回賞金王決定戦」でまくりを決めてSG初優勝を飾りました。

SG初優勝以降、しばらく低迷が続いていましたが、2002年と2004年の賞金王シリーズ戦を優勝し、徐々に回復していきました。

2005年10月30日に津競艇場で開催された「第52回全日本選手権競走」で4回目のSG優勝を飾りました。

2012年6月24日に芦屋競艇場、翌年6月30日に常滑競艇場で開催された「グランドチャンピオン決定戦」を連覇しました。これは史上11人目にして、同大会においては2人目の快挙でした。

2018年前期までの22年44期連続でA1級を維持していましたが、出走回数(90走)不足により初めてA1から転落してしまいました。しかし、その後A1級に復帰し、維持しております。