田頭実選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

田頭実選手とは?

田頭 実(たどう みのる)選手は、福岡県出身で福岡支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

田頭実選手は、2018年に「スカパー!・JLCカップ」(徳山競艇場)、「スポーツニッポン杯GW特選競走」(若松競艇場)、「九州プロレス杯」(福岡競艇場)、「第7回新東通信杯」(宮島競艇場)、「マクール杯」(若松競艇場)、「第13回競艇タイムス杯」(桐生競艇場)、「ドラ恋クリスマスカップ」(桐生競艇場)と、最多となる7勝を飾っています。

そんな2018年最多勝選手の田頭実選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

田頭実選手

田頭実選手(競艇選手)のプロフィール

田頭実選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 福岡
登録番号 3257
登録期 58期
生年月日 1967年3月29日
出身地 福岡県
身長 158cm
体重 55kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 平石和男選手
三角哲男選手
主な優勝レース オーシャンカップ(SG・1999年)
全日本選手権(SG・2004年)

田頭実選手は、競艇オフィシャルサイトでの日記連載の初代担当でした。

田頭実選手(競艇選手)の特徴

田頭実選手は、積極果敢なコース取りからギリギリのスタートで勝負を決めるというスタート一撃という特徴があります。しかしながら、一方でスタート事故が非常に多く、F3による長期ペナルティ休みが災いして幾度かB2級に降格しています。さらに、2019年1月10日の大村競艇場では2回乗って同日にF2、3月の戸田競艇場では初日でF3となるなど、常にスタート事故と隣り合わせとなっています。

進入コースは基本的に内寄りコースを好んでおり、2018年に優勝した競走もその多くはイン逃げで優勝しています。チャンスがあれば前づけで1コースや2コースを積極的に狙うという動きを見せています。

SGやG1競走において勝ち切れないことが多いものの、一般競走においてはかなりの荒確率で3着以内に入っており、1着率もかなり高いです。

田頭実選手(競艇選手)の経歴

田頭実選手は、1986年に58期生としてデビューしました。

1997年に地元である若松競艇場で開催された「施設改修記念特別競走」でG1初優勝を飾りました。

1999年に若松競艇場で開催された「オーシャンカップ」で、長岡茂一選手と死闘を繰り広げて見事に制し、念願のSG初優勝を飾りました。

2004年に福岡競艇場で開催された「全日本選手権競走」で2回目のSG優勝を飾りました。

2005年に若松競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ」で4回目のG1優勝を飾りました。ちなみに、この優勝は期間中にフライング3本持ちという状況ながらも、いつもと変わらないスタート攻勢での優勝で、史上初のF3でのG1優勝となりました。