山崎智也選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

山崎智也選手とは?

山崎 智也(やまざき ともや)選手は、群馬県出身で群馬支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

山崎智也選手は、2015年の賞金ランキングで1位に君臨しており、競艇界を代表する選手の1人とされています。そんな山崎智也選手のキャッチフレーズは「ライジングスター」です。

そんなライジングスターこと山崎智也選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

山崎智也選手

山崎智也選手(競艇選手)のプロフィール

山崎智也選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 群馬
登録番号 3622
登録期 71期
生年月日 1974年3月11日
出身地 群馬県
身長 165cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 不明
主な同期 河北浩貴選手
天野晶夫選手
深川信二選手
海野ゆかり選手
主な優勝レース 賞金王決定戦(SG・2012年, 2015年)
賞金王シリーズ戦(SG・2007年, 2010年)
笹川賞(SG・1998年, 2006年, 2015年)
グランドチャンピオン(SG・2015年, 2016年)
全日本選手権競走(SG・1997年, 2003年)

山崎智也選手は、2010年12月1日に当時現役だった横西奏恵元選手(2012年12月19日引退)と結婚しました。翌2011年5月の笹川賞では夫婦揃って初日のドリーム戦のメンバーに選出され、史上初の夫婦揃っての参戦となりました。

山崎智也選手(競艇選手)の特徴

山崎智也選手は、安定感のあるレース運びに定評があり、コース取りは基本的枠なり進入です。ただし、ピット離れが良いときは積極的に内寄りのコースに入ってくる傾向にあります。

2~6コースのどのコースからでも自在に捌いてくることから、「1コースだから連に絡む」「6コースだから連に絡まない」といった定例が当てはまらない選手となっています。事実、1998年の笹川賞競走は恵まれでありながらも6号艇からの登場で優勝しており、この他2007年の賞金王シリーズ戦は5号艇からの登場、2012年の賞金王決定戦は4号艇からの登場で優勝を飾っています。

SG競走やG1競走のドリーム戦に常に先取されていて、出場選手の中でも常に優勝争いに絡んでくるため、注目すべき選手の1人となっています。

山崎智也選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の競艇選手の中では平均的なスタートタイミングで、トップスタートになる回数も少なめです。しかしながら、A1級同士のレースで出遅れる事は少ない傾向にあります。

山崎智也選手(競艇選手)の経歴

山崎智也選手は、1992年11月にデビューし、1997年10月12日に唐津競艇場で開催された「第44回全日本選手権競走」でSG初優勝を飾りました。翌1998年5月24日に桐生競艇場で開催された「第25回笹川賞競走」では恵まれにより2回目のSG優勝を飾りました。

2001年12月24日に住之江競艇場で開催された「第16回賞金王決定戦」の優勝戦でフライングを犯し、規定により2002年のSG出場権を失うこととなり、1997年から続いていた賞金王決定戦連続出場が5年で途絶えてしまいました。

2003年11月3日に戸田競艇場で開催された第50回全日本選手権競走で、1コースからコンマ11のトップスタートを決めて逃げ切り3回目のSG優勝を飾りました。

2006年5月28日に戸田競艇場で開催された「第33回笹川賞」をイン逃げを決めて優勝しました。なお、この年はSG8戦のうち5戦で優出したことにより、年間表彰で特別賞を受賞しました。

2007年は賞金王決定戦出場を逃し、これ以降2012年までベスト12に進出する事が出来ず、2010年12月10日に丸亀競艇場で開催された「テレポートカップ」で優勝するまで約3年に渡って優勝から遠ざかっていました。

2012年に住之江競艇場で開催された「第27回賞金王決定戦競走」で、2年ぶりに賞金王決定戦に出場し、24日の決定戦で4コースからまくり差しを決めて2年ぶりの賞金王決定戦優勝を飾りました。

2015年は2月の「開設58周年記念 太閤賞競走」(住之江)、4月の「開設62周年記念 トコタンキング決定戦」(常滑)、7月の「開設62周年記念 福岡チャンピオンカップ」(福岡)のG1競走3戦、5月の「第42回ボートレースオールスター」(大村)、6月の「第25回グランドチャンピオン」(宮島)、12月の「第30回グランプリ/グランプリS – 決定戦」のSG競走3戦を制しました。

2018年10月1日に児嶋競艇場で開催された「開設66周年記念 児島キングカップ」で、1コースからコンマ13のスタートを決めて逃げ切り、2016年4月12日に桐生競艇場で開催された「ダイヤモンドカップ・ドラキリュウプレミアム」以来2年ぶりのG1優勝を飾りました。