長田頼宗選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

長田頼宗選手とは?

長田 頼宗(おさだ よりむね)選手は、神奈川県出身で東京支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

長田頼宗選手は、2015年の「賞金王シリーズ戦(グランプリ)」にて好スタートから逃げ切り制し、優勝賞金1,600万円を獲得しました。ちなみに、この競走が長田頼宗選手にとって初のSG優勝でもありました。

そんな2015年グランプリ覇者である長田頼宗選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

長田頼宗選手

長田頼宗選手(競艇選手)のプロフィール

長田頼宗選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 東京
登録番号 4266
登録期 93期
生年月日 1985年06月24日
出身地 神奈川県
身長 168cm
体重 54kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 佐藤隆太郎選手
主な同期 岡祐臣選手
馬場貴也選手
真庭明志選手
主な優勝レース 第30回賞金王シリーズ戦(SG・2015年)

長田頼宗選手(競艇選手)の特徴

長田頼宗選手は、濱野谷憲吾選手以来の次世代の神奈川県出身そして関東地区のエースとして期待がかかっています。若手のA1級として1コースからの逃げを得意としています。

初のSG優勝となった2015年の「第30回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦」では、1コースから登場でコンマ13でスリットを通過し、先マイを果たした後、懐を狙った各艇の差しを許さずに逃げ切ることに成功しました。さらに2018年の「びわこモーターボート大賞」でも1コースからコンマ05のトップスタートを決めて、上野真之介選手の攻めを封じて逃げ切ることに成功しています。

なお、長田頼宗選手本人はイン屋になりたいわけではないため、6号艇からの前づけをはじめとした強引なコース取りは基本的に行っていません。

長田頼宗選手の平均スタートタイミングは0.15で、SG級の競艇選手の中では平均的なスタートタイミングとなっています。スタート事故こそ少ないものの、2コースや4コースからの登場の際は出遅れることがあります。

長田頼宗選手(競艇選手)の特徴

長田頼宗選手は、2003年11月12日に多摩川競艇場で「第35回内外タイムス賞レース」(初日)の1Rでデビューし、12月28日に平和島競艇場で開催された「第22回日本モーターボート選手会会長賞」(3日目)の6Rで5コースからまくり差しを決めて初勝利を飾りました。

2006年2月12日に鳴門競艇場で開催された一般競走で初優出し、2007年12月10日に「サンケイスポーツ旗争奪 第50回GSS競走」で、1コースからコンマ02のトップスタートを決めて逃げ切り初優勝を飾りました。

2008年1月22日に丸亀競艇場で開催された「共同通信社杯 第22回新鋭王座決定戦競走」(初日)の7RでG1初出走し、同節2日目(23日)の10Rで1コースからコンマ07のトップスタートを決めて逃げ切りG1初勝利を飾りました。

2008年5月27日に平和島競艇場で開催された「第35回笹川賞」(初日)の1RでSG初出走し、同節2日目(28日)の1Rで3コースからを決めてSG初勝利を飾りました。また、2012年9月10日に鳴門競艇場で開催された「開設59周年記念 大渦大賞」でG1初優出を果たしました。

2013年12月9日に徳山競艇場で開催された「徳山モーターボート大賞」でコンマ19のスタートを切り、インコースを逃げ切り通算500勝を達成しました。

2015年12月23日に住之江競艇場で開催された「第30回グランプリ/グランプリS – シリーズ戦」でSG初優出し、優勝戦ではインコースを逃げ切りSG初優勝を飾りました。

2018年1月23日に平和島競艇場で開催された「開設63周年記念 トーキョー・ベイ・カップ」で、4コースからを決めてG1初優勝を飾りました。

長田頼宗選手は、2019年4月現在までにSGを1勝・G1を1勝・G2を1勝しています。