魚谷智之選手(競艇選手)のプロフィール・特徴・経歴

魚谷智之選手とは?

魚谷 智之(うおたに ともゆき)選手は、兵庫県出身で兵庫支部に所属している競艇選手(ボートレーサー)です。

魚谷智之選手は、2007年の「第22回グランプリ」で低調なエンジンながらも4号艇で決定戦に進み、1億円頂上決戦では3着に敗れてしまったものの、同年の史上11人目のSG制覇およびナイターSG(2002年スタート)として史上初の連覇といった偉業により2億533万4000円を獲得し、2007年の年間賞金王に君臨しました。

そんな2007年の年間賞金王である魚谷智之選手の【プロフィール】【レースでの特徴】【経歴】をまとめてみました。

魚谷智之選手

魚谷智之選手(競艇選手)のプロフィール

魚谷智之選手のプロフィールは、以下のようになっています。

所属支部 兵庫
登録番号 3780
登録期 76期
生年月日 1975年11月2日
出身地 兵庫県
身長 162cm
体重 52kg
階級 A1
師匠 不明
弟子 来田衣織選手
主な同期 瓜生正義選手
横西奏恵元選手
主な優勝レース 第53回全日本選手権(SG・2006年)
第12回オーシャンカップ競走(SG・2007年)
第53回モーターボート記念競走(SG・2007年)

魚谷智之選手は、「魚ちゃん」や「魚屋さん」といった愛称で親しまれており、唐草模様のヘルメットがトレードマークとなっています。

魚谷智之選手(競艇選手)の特徴

魚谷智之選手は、地元の尼崎競艇場の水面を得意としているようで、かなりの強さを誇っています。

1997年9月の「楠公杯争奪第6回オール兵庫王座決定戦」で優勝したのを皮切りに、2017年8月の「日本財団会長杯争奪 第45回オール兵庫王座決定戦」まで、(2011年と2012年を除いて)グレードを問わず毎年優勝を飾っていました。近年でも尼崎競艇場でのレースでは、優勝争いに絡んでくるほどの実力を持っています。

魚谷智之選手は、豪快なイン逃げ、まくり差し、そして巧みな差しなど自在なテクニックを駆使して、レースを進めています。2007年の「第53回全日本選手権」では、3コースから全速のまくり差しを決め、自身初のSG優勝を飾ることとなりました。

魚谷智之選手の平均スタートタイミングは0.16で、SG級の競艇選手の中では平均的なスタートタイミングとなっています。スタートに関しては、どのコースからのスタートとなっても、安定的なスタートを決めることができています。

魚谷智之選手(競艇選手)の経歴

魚谷智之選手は、1995年に本栖研修所(現・ボートレーサー養成所)卒業し、デビューを果たしました。

2004年2月11日に尼崎競艇場で開催された「第47回近畿地区選手権競走」でイン逃げを決めてG1初優勝を飾りました。

2004年6月27日に浜名湖競艇場で開催された「第14回グランドチャンピオン」決定戦の優勝戦でフライングをしてしまい、1年間のSG出場除外処分となりました。翌2005年1月17日に尼崎競艇場で開催された「開設52周年記念 近松賞」の優勝戦でもフライングし、更に3か月間のG1出場除外処分を受けるなど、魚谷智之選手にとって苦しい時期が続きました。

2006年7月10日に「開設53周年記念 大渦大賞」でイン逃げを決めて2年ぶりのG1優勝を飾り、同年10月29日に福岡競艇場で開催された「第53回全日本選手権」の優勝戦では、松井繁選手を3コースから全速でまくり差して自身初のSG優勝を飾りました。なお、兵庫支部所属の選手によるSG優勝は、1960年の「平和島モーターボート記念」の優勝者・井上一二郎選手以来46年ぶりの快挙となりました。

2007年3月11日に三国競艇場で開催された「開設53周年記念 北陸艇王決戦」、7月20日に徳山競艇場で開催された「開設54周年記念 徳山クラウン争奪戦」、同29日に桐生競艇場で開催された「オーシャンカップ」、9月2日に蒲郡競艇場で開催された「第53回モーターボート記念」、12月4日に尼崎競艇場で開催された「モーターボート大賞」のG15戦を制し、この年は魚谷智之選手の独壇場となりました。

2009年9月27日に芦屋競艇場で開催された「開設57周年記念 全日本王座決定戦」で通算1,000勝を達成しました。

2017年10月13日に津競艇場で開催された「開設65周年記念 つつじ賞王座決定戦」で、イン逃げを決めて8年ぶりのG1優勝を飾りました。